運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 筋トレで重量を伸ばすならクレアチン?!

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

筋トレで重量を伸ばすならクレアチン?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/8/6893e_1655_29dfb146_c44ae402-m.jpg (全2枚)

1.はじめに


トレーニングをしていると、「もう少し重量を上げられるようになりたい」や「もう少しパワーがあったら」など次の目標や課題が見えてくるものです。トレーニングのパフォーマンスを上げることはもちろんですが、食事やサプリメントなどからもアプローチをかけたいですよね。

もちろん、トレーニングだけではなく、「短距離走で記録を更新したい」や「ゴルフの飛距離を伸ばしたい」など、いろいろなスポーツにおいて「もう少しパワーを上げたい」と感じる様々な目標があるのではないでしょうか?

そんな時は、「クレアチン」をお勧めいたします。「クレアチン」と言われても、あまり良くわからないですよね。ではこの「クレアチン」について詳しく説明していきたいと思います。

2.クレアチンってそもそも何?

「クレアチン」とはアミノ酸の一種です。アルギニン・メチオニン・グリシンから主に肝臓内や腎臓内で合成されます。体内では約95%が筋肉細胞の中に存在します。残りは心臓や脳などに存在します。

サプリメントの効果としては、瞬発力の向上や筋力アップなどがあげられます。近年のオリンピックでは、出場選手の約80%が摂取しているといいます。

・合わせて読みたい→
「筋トレと健康」筋トレがなぜ選ばれるのか?(https://cocokara-next.com/fitness/do-muscle-training-why-is-selected-st/)

3.なぜクレアチンが必要か

瞬発力を必要とするトレーニングで筋肉が収縮する場合、アデノシン三リン酸が分解され、アデノシン二リン酸とリン酸に分かれます。名前の通り、3つのリン酸が2つと1つに分かれるのですが、この時にエネルギーが放出されます。パワーを持続させるには、この分かれたリン酸をまたアデノシン三リン酸に戻す必要があります。その時に必要になるのが、「クレアチンリン酸」です。

この「クレアチンリン酸」は分かれたリン酸をアデノシン三リン酸に再合成させるのに大切な役割を持っています。ただ激しい運動が続くと「クレアチンリン酸」の消費量が増え、パワーが続かなくなり疲労も感じるようになります。つまり、体内の「クレアチンリン酸」の量を増やせばパワーの持続、疲労を感じるまでの時間の延長が期待できるのです。

したがって、パワーの持続・疲労を遅くするために、「クレアチンリン酸」を増やす必要があり、「クレアチンリン酸」を増やすためにはサプリメントを摂取して「クレアチン」を多くする必要があるのです。

4.「クレアチン」の摂りかた

最初の5日間はローディング期として1日4回、1回5gを摂取します。その後はメンテナンス期として一日2〜5gをトレーニングなどの前に摂るようにしましょう。もしローディングが難しければ、最初から一日2〜5g摂るだけでも構いません。このようなローディングを行うことで、28日後には筋肉内の「クレアチン」が最大レベルまで高められると言われています。

また、「クレアチン」はお肉や魚にも含まれています。

●お肉なら約1kgでクレアチン約5g
●魚なら約50gでクレアチン約5g

と中々食事では食べきれない量になりますので、手軽に摂取できるサプリメントがお勧めです。

5.まとめ

今回は「クレアチン」の必要性について紹介させていただきました。数多くのサプリメントが存在しますが、「パワー向上」を目指すなら「クレアチン」を摂ることをお勧めします。食事では食べる量が多すぎて経済的にも、胃の大きさ的にも難しいので、ぜひサプリメントを活用してトレーニングのパフォーマンスを上げていきましょう。

[記事提供:http://natural-city.com]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/vender/cocokara-next.jpg 外部サイト ダイエットで体重を重視するのが危険な理由 「筋トレと健康」筋トレがなぜ選ばれるのか? なぜボディメイクにタンパク質が重要なのか? 日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

スポンサードリンク

2019/06/11 08:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「筋トレで重量を伸ばすならクレアチン?!」に関するコラム

「筋トレで重量を伸ばすならクレアチン?!」に関する動画

「筋トレで重量を伸ばすならクレアチン?!」に関する評判

@sk8mafia013

@@sk8mafia013

糖尿(疑惑)のおっさんで血液検査の前日に炭水化物抜く人多いけど、HbA1cは過去2ヶ月の血糖状態を示すのであんま意味無いんやで 僕はクレアチニンとCRPが常時高めなので、クレアチン抜いてウェイトトレーニング控えねば
@yasuautumn

@@yasuautumn

返信先:@miiki_oor わいも1ヶ月前からトレーニング始めた😂腰痛も改善したいし😂プロテインとクレアチンと飲むようにしてる😂
@WrongTurnDEnd

@@WrongTurnDEnd

真面目にダイエット&トレーニングするにはまず買ってしまおうとMYPROTEINでプロテインとBCAAとクレアチン購入。いきなり5kgはやりすぎたか。サプリは届いたが頭痛があるので今週末はお休み(笑) pic.twitter.com/3MCLuWUZWR
@boxing_workout

@@boxing_workout

相棒と深夜に3時間トレーニングしてやよい軒でたらふく食べた後のスペシャルドリンク。 低脂肪牛乳400ml、プロテイン80g、バナナ130g、蜂蜜14g、グルタミン10g、クレアチン5g、チョコレートソース10gでP84F10C76 711kcal。最高です😋 体重は94.55kg 相棒は今100kgあるし、俺ももっと増量しよう。 pic.twitter.com/bJMe1GtuAS
@seigo1986

@@seigo1986

今日はMMAのセミナー、明日はトレーニングのセミナー、トレーニングに対してのモチベーションをブチ上げる為にクレアチンとグルタミンをポチッた。
@setsunahikoki

@@setsunahikoki

あと今日超久しぶりにクレアチンとBCAAちゃんと取ってトレーニングしたけどマジで体感変わってこれはオカルトじゃないって思った。がち!!!これからもちゃんと取ろうと思った。ラス1上がるかどうかが変わる気がする
@w11tapioka

@@w11tapioka

返信先:@6wpyN60n71kBoYP 筋肉体操1、2を毎日してトレーニング後と寝る1時間前にプロテインを一杯ずつ飲んで肉食って飯食ってクレアチンとれ
@cunnisamurai

@@cunnisamurai

花金なのでジムに直行(笑) トレーニング直後は100%オレンジジュースにプロテイン+クレアチンパウダー 見た目最悪ですね🤣 pic.twitter.com/Mf5M1NKB0t
@nakajimahiro811

@@nakajimahiro811

リン酸系トレーニング(PST) PSTも、短時間の間、最大限の力を行使する能力を増大させるために利用されます。 このトレーニングは筋に蓄えられるクレアチンリン酸の量を増加させ、ホスファゲン機構を介してATPを放出する酵素を刺激することができます。
@gws581

@@gws581

EAAだのクレアチンだのヴィターゴだのは知らん。 夏はイントラさんぴん茶トレーニングこそ至高 pic.twitter.com/SnvWKz8pkG

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム