にんにくに関するダイエット

にんにく

  1. HOME
  2. にんにくに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「にんにく」最新コラム

最新コラム一覧

やる気の源はタンパク質にあり!脳が必要としているア...

やる気の源はタンパク質にあり!脳が必要としているア...

2019-02-19 07:55

(全2枚) タンパク質は、炭水化物・脂質と共に三大栄養素のひとつで、筋肉・臓器・皮膚・毛髪・ホルモン・酵素・抗体などを構成しています。そして、脳内物質もタンパク質が原料になっており、私たちのカラダに欠かせない栄養素です。 このタンパク質は、約20種類のアミノ酸が多数結合してできています。タンパ...

使い残した「こんにゃく」、袋の中の水は捨てる?冷凍...

使い残した「こんにゃく」、袋の中の水は捨てる?冷凍...

2019-02-16 08:00

プルンとした食感と独特の香りが特徴のこんにゃくは、おでんや煮物に大活躍!ヘルシーでリーズナブルなのも魅力ですよね。とはいえ、おでん、煮もの、あとはステーキ…それ以外の食べ方ってすぐに思いつきますか?使い残したときの保存方法ってご存じですか?今回は、知ればもっとおいしく食べられる「こんにゃ...

高たんぱくでヘルシー!鶏ささみで作る満足感いっぱい...

高たんぱくでヘルシー!鶏ささみで作る満足感いっぱい...

2019-02-15 08:00

(全9枚) 高たんぱくでヘルシーな鶏ささみは、ダイエットにもおすすめの食材。しかも低価格なので、ダイエッターさんだけでなく、節約したい人にもうれしいですよね。鶏ささみは茹でて和え物にしたり、サラダにしたりするほか、焼いたり揚げたりすれば満足感のあるおかずに大変身!意外とアレンジ豊富な鶏ささ...

ダイエットをもっと効率的に! 管理栄養士が教える食...

ダイエットをもっと効率的に! 管理栄養士が教える食...

2019-02-15 02:34

食べながら痩せる低糖質ダイエットは、それだけでも十分効果があるけれど、食べ合わせを工夫するとさらに効果的でヘルシー。食べものと食べものがお腹の中で分解されて生まれるステキなケミストリー。利用しない手はありません。 食べものにも相性があるというのはご存知ですよね。ちょっと工夫するだけで、...

やみつきの味!「白菜」を使ったおつまみレシピ

やみつきの味!「白菜」を使ったおつまみレシピ

2019-02-14 00:00

鍋や漬物、炒めものなど、使い勝手の良い「白菜」。今回は、そんな「白菜」を使った、お酒がグングンすすむおつまみレシピをご紹介します。あっさりした淡白な白菜には、インパクトのある食材と合わせると◎!作り置きにもおすすめです。 元記事を見る>> 無限!ツナ白菜 https://asset.recipe-blog.jp/c/sig=...

動画

Q&A

「にんにく」に関するワード

「にんにく」に関する口コミ・評判

@_naoshi_

@@_naoshi_

RT @Tabatamitsuru: タバタ家、万能和風ソースレシピ。醤油カップ2、みりんカップ1、白ワインカップ1、シマヤだしの素1袋、にんにく1かけ擦りおろし、これを混ぜて火にかけ、フランペして冷ますと、万能和風ソースの完成です。炒め物、スパゲティー、雑炊、何でもござれ。大…
@Rieko0084

@@Rieko0084

平茸が好き過ぎる。どのくらい好きかというと用もないのにお手頃価格だと買ってしまうくらい。塩とクミンとニンニクでソテーするとヘルシーで良いつまみ。 pic.twitter.com/RALy61IOSF
@nonochan729

@@nonochan729

蒙古タンメン中本「北極ブラック」がカップ麺で登場 焦がしニンニク香る衝撃の辛さが激ウマ #SmartNews sirabee.com/2019/02/22/201…
@LuMerinG_Sary

@@LuMerinG_Sary

食欲暴走焦がしにんにくじゃねぇよやべぇよこれ
@coach_nomu

@@coach_nomu

鶏肉と豚肉の違い 豚肉は何よりビタミンB1が豊富! 糖質をエネルギーに変えるのに必要で、 米とかドカ食いしてもコレを摂らなきゃ逆に代謝の低下や疲労感を感じる事も。 また、B1は熱に弱いので、焼くなら熱に強くなるアリシンが含まれているニンニクや玉ねぎと一緒に調理して食べると尚良し!
@soramimisuchiru

@@soramimisuchiru

跳べ!(ニンニク臭ぇよ)【跳べ】 #ミスチル空耳
@akaru_chanta

@@akaru_chanta

以前の北極よりはまだストレートな辛味が穏やかだしマー油のコクと焦がしニンニクの香ばしさが立っててうまい それでもクッソ辛い
@yuyu_pr93

@@yuyu_pr93

昨日の夜餃子つくったから化粧で顔の近くを手がくる度にんにくとしょうがの匂いがする🙃🙃🙃あびゃ………
@YKCamp

@@YKCamp

毎週金曜日は外食の日‼️ 昨日は20年ぶりにスタ丼に行ってきた‼️ #伝説のスタ丼#フードファイト#メタボ#ニンニクたっぷり#青梅市 instagram.com/p/BuNIA-vhKTm/…
@0816U_chuun

@@0816U_chuun

【ニキビに効果のある栄養素 ver.3】 ・ビタミンB6 ∟まぐろ、にんにく、鶏肉、さんま、生ハム、牛肉、とうがらし、抹茶、ピスタチオ etc... -効果- 血行を促進する働きを持ち、健康な肌を保つ効果があります。

用語の意味

にんにく

『ニンニク』より : ニンニク(蒜、大蒜、葫、忍辱、学名:Allium sativum)はユリ科ネギ属の多年草で、球根(鱗茎)を香辛料として用いる。 日本ではニンニクやノビル(野蒜)など鱗茎を食用とする臭いの強い(ネギ属の)植物を総称して蒜(ひる)と呼んでいたが、特にノビルと区別する場合にはオオヒル(大蒜)とも称した。生薬名は大蒜(たいさん)。語源は困難を耐え忍ぶという意味の仏教用語の「忍辱」とされる。 5月頃に白い小さな花を咲かせるが、栽培時には鱗茎を太らせるために花芽は摘み取る。摘み取った茎は柔らかい物であれば野菜として利用される。 一般的に見かけるニンニクは分球ニンニクがほとんどであるが、一片種と呼ばれる中国のプチニンニクなどの品種もある。 ジャンボニンニクあるいは無臭ニンニクと呼ばれるものはニンニクとは別種であり、リーキ(ポロネギ)の1変種である。 原産地は中央アジアと推定されるが、すでに紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されていた。また、現存する最古の医学書『エーベルス・パピルス』(en) には薬としても記載されている。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム