インシュリンに関するダイエット

インシュリン

  1. HOME
  2. インシュリンに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「インシュリン」最新コラム

最新コラム一覧

集中力をキープ!脳と血糖値の深い関係

集中力をキープ!脳と血糖値の深い関係

2019-01-21 02:05

(全2枚) 脳と血糖値には深い関係があるのをご存じでしょうか?仕事や勉強の妨げになるような食後の眠気や集中力の低下などは血糖値が原因かもしれません。血糖値が脳に与える影響と血糖値を安定させる方法をご紹介します。 ・合わせて読みたい→ 血糖値をコントロール!セカンドミール効果とは(https://cocoka...

動画

Q&A

「インシュリン」に関するワード

「インシュリン」に関する口コミ・評判

@yabusame1350

@@yabusame1350

おはようtwitter。 おはようフォロワーさん。 朝イチの測定結果と今日の朝ごはん(2種類のペン型インスリン付き) pic.twitter.com/fVsotEK9JR
@roannyu

@@roannyu

どうやら脂肪細胞から出る、 アディネポクチンという奴で、 インスリン抵抗に影響があるらしい (´д`|||) 外人は肉を食って糖尿病に 強くなるってのも間違いではないみたい (´д`|||)ウサンクセー
@mikenekomii_bot

@@mikenekomii_bot

☆アクアポリン 水だけを選択的に通す。4量体。 ★インスリン受容体 4量体
@easyplaypink

@@easyplaypink

#katsuma 【サポメ/果糖】食物繊維と運動。結局基本的な事を愚直に行うのが一番。とは言え食物繊維についてはイメージのみ先行し本当の働きについては知りませんでした。白米は玄米の健康成分を取り除いたイメージですが、玄米炊くのは手間がかかります。「インスリン感度」今日のキーワードです。
@atumei1

@@atumei1

低GI食品が体重コントロールに有効なのは、摂取時の血糖値の上昇がゆるやかなのでインスリンの分泌が抑えられ、すみやかに糖が吸収されるため。
@qYxaw3MYtrMWZsC

@@qYxaw3MYtrMWZsC

「血糖値がみるみる下がる」より 残念なことに日本人は、ほかの国に比べて特にインスリンを分泌する力が弱いとされています。これは、魚や野菜を食べてきた先祖たちの食習慣に由来しています。肉を日常的に食べてきた歴史を持つ国の人たちとは、器官の働きそのものが違っているのです。 魚食べなきゃ
@w49nwlllz4

@@w49nwlllz4

ホルモンの成分として働くタンパク質:インスリン、成長ホルモンなど
@112bot_kokushi

@@112bot_kokushi

【低血糖を起こしうる薬剤】 新しいシラミはアマゾンのピラミッドに 新しい→ニューキノロン シラミは→ペニシラミン アマゾンの→チアマゾール ピラミッドに→ジソピラミド チアマゾール、ペニシラミンはインスリン自己免疫症候群を発症 ジソピラミド、ニューキノロンはインスリン分泌促進
@Tk23BotBot

@@Tk23BotBot

黒色表皮腫:通常はインスリン抵抗状態(肥満、TYpeIIDM、PCOS、代謝性症候群)を示す。
@Brn07Tw

@@Brn07Tw

成長ホルモンは、肝臓に働いてIGF-I(インスリン様成長因子-Ⅰ、別名ソマトメジンC)と呼ばれる成長因子を作らせて血液中に放出させます。 antiagingbravo.co

用語の意味

インシュリン

『インスリン』より : インスリン(インシュリン、insulin)は、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種。名前はラテン語の insula (島)に由来する。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながったもの。C-ペプチドは、インスリン生成の際、プロインスリンから切り放された部分を指す。 生理作用としては、主として血糖を抑制する作用を有する。骨格筋におけるグルコース、アミノ酸、カリウムの取り込み促進とタンパク質合成の促進、肝臓における糖新生の抑制、グリコーゲンの合成促進・分解抑制、脂肪組織における糖の取り込みと利用促進、脂肪の合成促進・分解抑制などの作用により血糖を抑制し、グリコーゲンや脂肪などの各種貯蔵物質の新生を促進する。腎尿細管におけるNa再吸収促進作用もある。炭水化物を摂取すると小腸でグルコースに分解され、大量のグルコースが体内に吸収される。体内でのグルコースは、エネルギー源として重要である反面、高濃度のグルコースはそのアルデヒド基の反応性の高さのため生体内のタンパク質と反応して糖化反応を起こし、生体に有害な作用(糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害)をもたらすため、インスリンの分泌によりその濃度(血糖)が常に一定範囲に保たれている。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム