インシュリンに関するダイエット

インシュリン

  1. HOME
  2. インシュリンに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「インシュリン」最新コラム

最新コラム一覧

眠りを味方につけて、綺麗をチャージ!【 大高博幸さん...

眠りを味方につけて、綺麗をチャージ!【 大高博幸さん...

2019-01-08 07:00

配信予定日が遅れて恐縮ですが(ごめんなさい!)、今回は肌・心・体の健康にとって、非常に大切な睡眠についての話です。あれこれ話が多岐にわたるので、箇条書きのスタイルで進めさせて頂きます。 1)充実した睡眠はいゝコトづくめ。ぐっすり眠って気持ちよく目覚めた朝は、体が軽いし肌もイキイキ、良い一日...

動画

Q&A

「インシュリン」に関するワード

「インシュリン」に関する口コミ・評判

@aya1tum04awase3

@@aya1tum04awase3

膵臓ホルモンではないのはどれ? ①膵ポリペプチド ②メラトニン ③インスリン ④グルカゴン
@tousituseigen_

@@tousituseigen_

お昼ご飯を食べた後って眠くなりますよね。 あれにはちゃんとした訳があるんです。 お米やパン、スパゲッティなどを食べると、血糖値がグーンとあがります。 このままだと血管がやられると「インスリン」という物質が働き、 今度は血糖値をグーンと落とすんです。この落差で眠くなります。
@bioliceale_bot

@@bioliceale_bot

血糖量を増加させるシステムに対し、減少させるシステムの数は非常に少なく、膵臓ランゲルハンス島B細胞より分泌されるインスリンのみがその役割を担う これは、動物が過剰な食物を得ることが通常ないためで、食物の過剰摂取を続けると糖尿病になる可能性が高くなる
@GDGDspeaker

@@GDGDspeaker

insulin : インスリン
@chip_1224_dale

@@chip_1224_dale

返信先:@GSB1M1ZVZN5pwFP インシュリンなしでここまでこれてて、ほんと頑張ってるね✨ 食べるものを我慢するって本当に辛いよね💧 たまには食べたいもの食べて残りの妊婦生活過ごしてね😊
@ichigatazuneet

@@ichigatazuneet

ヒトインスリンのにおいってさ、たまにラベンダーの香りの芳香剤、入浴剤でも同じニオイするからウッ・・・ってなっちゃう。 前にひゃっきんの芳香剤シュッシュってしたときにインスリンであそぶなって怒られたことがあるくらいだよ!超理不尽!!
@jjcrazydiamond

@@jjcrazydiamond

RT @Office_j: 【英国GPデータベース、65歳超2型DM、インスリン開始4589例5年観察:死亡率が最低だったHbA1c [測定時不詳] は「6.5〜7.4%」。「<6.5%」ではHR 1.31 [95%CI 1.10-1.56]】 Age Ageing http…
@linken_bot

@@linken_bot

システインはチオール基(-SH)をもつアミノ酸、ポリペプチド鎖内のシステイン同士あるいはポリペプチド鎖間でのシステイン同士の-SHが酸化されてできる共有結合がジスルフィド結合(-S-S-)。 インスリンのA鎖とB鎖との架橋、免疫グロブリンなどがこの結合をもつ代表的な蛋白質。
@maruri77

@@maruri77

返信先:@AlpsHeidiSwiss たしかに私はまだ軽いほうとは言われていて食事管理でダメならインスリン注射って言われています…注射は避けたいので頑張ります😂
@raidentaro

@@raidentaro

昨日の夕食後の血糖値は91で、何も食べていないのに今日の空腹時の血糖値は146。インスリンもグルカゴンもホルモンだが、作用は正反対である。ホルモンのバランスが悪いと思う。誰かが、アクセルを踏んでいる。

用語の意味

インシュリン

『インスリン』より : インスリン(インシュリン、insulin)は、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種。名前はラテン語の insula (島)に由来する。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながったもの。C-ペプチドは、インスリン生成の際、プロインスリンから切り放された部分を指す。 生理作用としては、主として血糖を抑制する作用を有する。骨格筋におけるグルコース、アミノ酸、カリウムの取り込み促進とタンパク質合成の促進、肝臓における糖新生の抑制、グリコーゲンの合成促進・分解抑制、脂肪組織における糖の取り込みと利用促進、脂肪の合成促進・分解抑制などの作用により血糖を抑制し、グリコーゲンや脂肪などの各種貯蔵物質の新生を促進する。腎尿細管におけるNa再吸収促進作用もある。炭水化物を摂取すると小腸でグルコースに分解され、大量のグルコースが体内に吸収される。体内でのグルコースは、エネルギー源として重要である反面、高濃度のグルコースはそのアルデヒド基の反応性の高さのため生体内のタンパク質と反応して糖化反応を起こし、生体に有害な作用(糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害)をもたらすため、インスリンの分泌によりその濃度(血糖)が常に一定範囲に保たれている。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム