インスリンに関するダイエット

インスリン

  1. HOME
  2. インスリンに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「インスリン」最新コラム

最新コラム一覧

太ったのはホルモンのせい? ダイエットでは落ちにくい...

太ったのはホルモンのせい? ダイエットでは落ちにくい...

2019-02-22 05:30

imageviashutterstockウエストあたりの脂肪は落ちにくいもの。その理由は、腹筋運動が足りないからではなく、ホルモンのせいかもしれません。 歳を重ねていくにつれ、ホルモンがちょっと乱れただけで、お腹の脂肪が増えてしまうことがあるからです。 前の『Prevention』記事では、ぽっこりお腹とホルモンバラ...

お腹が空きやすい体質に。超怖い糖質抜きダイエットの...

お腹が空きやすい体質に。超怖い糖質抜きダイエットの...

2019-02-20 10:00

もはや定番となった感のある糖質抜きダイエットですが、人間が活動をするうえで必要な栄養素であるはずの糖質を、本当に抜いてしまっても大丈夫なのでしょうか。外食時に主食類を残す人も少なくないなか、科学者のくられさんは、むしろ適量の炭水化物は摂取した方がいいと自身の無料メルマガ『アリエナイ科学...

ポイントは筋肉!痩せていても糖尿病リスクが高い理由とは

ポイントは筋肉!痩せていても糖尿病リスクが高い理由とは

2019-02-19 21:00

(全2枚) 「痩せているから糖尿病の心配はない」と思う人は多いかもしれません。近年、肥満だけではなく、痩せていても2型糖尿病になる可能性があるという研究が発表されました。今回は、痩せていてもリスクが高くなってしまう糖尿病の原因と改善ポイントをご紹介します。 ・合わせて読みたい→ 大腸がんのリス...

低すぎても危ない!健診数値の正しい見方

低すぎても危ない!健診数値の正しい見方

2019-02-17 06:15

特に異常がなかったからといって、健診結果をそのままにしている人も多いのでは?実はそこには私たちの微妙な体の変化が蓄積されています。健康管理に役立つ健診の受け方、健診結果の見方のコツを解説します。■健診で自分のカラダと向き合う意識をもとう! 女性は、初潮、妊娠・出産、更年期……とさまざまなラ...

ダイエット中に意識したい、主食(糖質)の食べ方3つ

ダイエット中に意識したい、主食(糖質)の食べ方3つ

2019-02-15 16:30

ダイエット中の食事のなかで、摂りすぎに注意したい「主食(糖質)」。太るからと抜いてしまう人も多いかもしれませんが、実はそれはリバウンドにつながる原因に。知っておきたい、ダイエット中の主食の食べ方を紹介します。 01.食物繊維と一緒に摂る まず主食を食べる際には、食物繊維とセットで食べるよう...

動画

Q&A

「インスリン」に関するワード

「インスリン」に関する口コミ・評判

@YakugakuApp

@@YakugakuApp

[問題]スルホニル尿素系のトルブタミドは、膵β細胞の電位依存性Ca2+チャネルを直接阻害し、内因性インスリンの分泌を抑制する。[解答]<×>[解説]トルブタミドはSU剤で、ATP感受性K+チャネルを遮断し、インスリン分泌を促進する。
@yakugaku_abc

@@yakugaku_abc

【β受容体作用薬②】 ・リトドリン、イソクスプリン 切迫流産や早産に用いる子宮弛緩薬。 イソクスプリンは血管拡張作用もある。 ※おさらい β1…心機能、レニン、抗利尿ホルモン分泌 β2…平滑筋弛緩、インスリン分泌、血管拡張 β3…膀胱平滑筋弛緩
@KokushiEkisu1

@@KokushiEkisu1

インスリンは、前駆体がタンパク質分解酵素により切断されて生じる。(88回)
@JOYisREBORN

@@JOYisREBORN

返信先:@kanshinko他1人 4は関係ないし。。2でしょうか🤔 インスリン出してるのに、ケーキ食べ続けたら、正のフィードバックで、インスリンをもっと出す!と思ってしまいました🤯
@kanshinko

@@kanshinko

返信先:@JOYisREBORN他1人 インスリンで正のフィードバックを起こすと、低血糖状態になってしまいます。😅
@rr_resistanceme

@@rr_resistanceme

糖尿病は1型と2型に分けられるが、2型の方が圧倒的に多い。2型糖尿病では、血中にインスリンは存在するのだがインスリンの働きが悪くなったり、インスリン分泌量が減少し、結果として血糖値の調整がうまくいかず糖尿病となる。紫雲院素良と言ったな?貴様は2型の危険があるぞ
@kanshinko

@@kanshinko

【#気まぐれ解剖生理 2/23-5】 最後の悪あがき。 問 正のフィードバックを起こすことがあるのはどれか。  1.サイロキシン  2.エストロゲン  3.インスリン  4.カルシトニン
@mck_translator

@@mck_translator

今日は予約外受診で先生のお話聞いて安心した。インスリン単位さらに減らしていただいて、低血糖への恐怖心とももうすぐお別れできるかも、、(;´Д`A
@heipo980

@@heipo980

今日退院後初めて病院に行きました(実際は生命保険の診断書依頼とかで2回行ったけど)。 結果は概ね良好で、数値的に入院前は95だったのが7.2まで下がってました✌️ インスリンは継続ですが、飲み薬は減らす事ができました。 今思えばもっと早く入院すれば良かったと後悔しています。 pic.twitter.com/dheiXOx8Hu
@mikenekomii_bot

@@mikenekomii_bot

★耐糖能 血糖値を下げる能力。 インスリン感受性、分泌の不足で耐糖能が低下する。

用語の意味

インスリン

インスリン(インシュリン、insulin)は、膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種。名前はラテン語の insula (島)に由来する。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながったもの。C-ペプチドは、インスリン生成の際、プロインスリンから切り放された部分を指す。 生理作用としては、主として血糖を抑制する作用を有する。骨格筋におけるグルコース、アミノ酸、カリウムの取り込み促進とタンパク質合成の促進、肝臓における糖新生の抑制、グリコーゲンの合成促進・分解抑制、脂肪組織における糖の取り込みと利用促進、脂肪の合成促進・分解抑制などの作用により血糖を抑制し、グリコーゲンや脂肪などの各種貯蔵物質の新生を促進する。腎尿細管におけるNa再吸収促進作用もある。炭水化物を摂取すると小腸でグルコースに分解され、大量のグルコースが体内に吸収される。体内でのグルコースは、エネルギー源として重要である反面、高濃度のグルコースはそのアルデヒド基の反応性の高さのため生体内のタンパク質と反応して糖化反応を起こし、生体に有害な作用(糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害)をもたらすため、インスリンの分泌によりその濃度(血糖)が常に一定範囲に保たれている。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム