エストロゲンに関するダイエット

エストロゲン

  1. HOME
  2. エストロゲンに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「エストロゲン」最新コラム

最新コラム一覧

「窃盗症と拒食の心理」元マラソン女王が陥ったアスリ...

「窃盗症と拒食の心理」元マラソン女王が陥ったアスリ...

2018-12-10 06:28

藤井靖(明星大心理学部准教授、臨床心理士) 12月3日、執行猶予期間中の万引で、窃盗罪に問われていた元女子マラソン日本代表の原裕美子被告に対し、前橋地裁太田支部で再度の執行猶予を付けた「懲役1年、保護観察付き執行猶予4年」の判決が言い渡された。 原被告は記者会見をはじめ、複数のメディアで...

ストック&旬食材で簡単とろ〜り栄養満点!「ツナと...

ストック&旬食材で簡単とろ〜り栄養満点!「ツナと...

2018-12-09 10:00

(全2枚) 有名アスリートの専属シェフである加藤超也さんが提唱するのは、心と身体が元気になることを五感で体感する「taikanごはん」。普段の料理に使う身近な食材や簡単な調理法で、日々の身体を少しずつ変えていくレシピをご紹介します。おいしい・簡単・おしゃれで何度も繰り返し作りたくなること間違いな...

どうして身体は冷えるの?

どうして身体は冷えるの?

2018-12-06 21:20

(全2枚) 産前産後のママとお子様の成長をサポートしています、わがつまのぞみです。 女性に多いと言われる『冷え』 実は、気づいていないだけで男性でも手足が冷えている方がちらほら。 もちろん、子どもや赤ちゃんでも。そして意外にも、寒い季節より夏に多いといわれています。 では、この冷える…とは?「冷...

旦那へのストレスが爆発する前に...

旦那へのストレスが爆発する前に...

2018-12-05 11:45

(全2枚) 結婚生活を送っていて夫に対してストレスを感じる女性は結構多いです。パートナーへの強いストレスをどのように解消したらいいかわからず、一人で悶々としている女性も多いでしょう。 ここでは、夫にストレスを感じる事が多い女性のために、多いストレス原因や、上手な対処法をご紹介していきます。 ...

女子の味方!キレイを助ける「大豆食品」朝食レシピ5選

女子の味方!キレイを助ける「大豆食品」朝食レシピ5選

2018-12-04 17:00

肌のハリ・ツヤを保ったり、自律神経を整えたり、骨粗鬆症や更年期障害を改善する効果があるといわれ、女性のキレイや若さをサポートしてくれる女性ホルモン「エストロゲン」。 そして、そのエストロゲンと似た働きをする栄養素として、もはやおなじみなのが「大豆イソフラボン」ですよね。 今日は、そんな大...

動画

Q&A

「エストロゲン」に関するワード

「エストロゲン」に関する口コミ・評判

@lII0_0Ill

@@lII0_0Ill

脂肪はエストロゲンの生成に関係するから太ってたほうがメスっぽいんだぞ
@WEYzK291c2pU9ek

@@WEYzK291c2pU9ek

返信先:@croixsan ちなみに女性の尿には女性ホルモン(エストロゲン)が結構多く含まれているので、大量に飲み続けるとホルモンの影響で胸が大きくなるといった女性化現象が起きることがあります。飲み過ぎには注意しましょう。
@utukusikuikiru

@@utukusikuikiru

【女性の味方!豆乳】 ・大豆は栄養価が高く、豆乳は吸収率が良い。 ・イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするので、産後の抜け毛の軽減、更年期障害の緩和、乳ガンの予防等に効果的。 ・美白効果、シワ・たるみ予防 ・便秘・冷え症改善 ・基礎代謝upでダイエット
@kabetsubot

@@kabetsubot

【浮腫】右心不全、肝硬変、薬剤(NSAIDs、ステロイドホルモン、Ca拮抗薬、エストロゲン)、蜂窩織炎、深部静脈血栓症、ネフローゼ、粘液水腫
@yoshilabon

@@yoshilabon

恋をするといろんなホルモンが分泌促進されます。女性の場合、特にエストロゲンという女性ホルモンの分泌が増えます。女性ホルモンのエストロゲンが増えるとお肌の新陳代謝が良くなって皮脂腺の働きが低下してくるのでニキビが出来にくくなってキメが細かい美肌になりやすいのです。
@9w9w9w92

@@9w9w9w92

「雌ラットでも、ヒトの場合と類似のホルモン作用が認められている。雌ラットは発情周期によってエストロゲン濃度が変化する。水を使った迷路テストの成績をみると、エストロゲン濃度が高い時期の成績が最低である」149頁
@inasa_tatsumi

@@inasa_tatsumi

プロゲステロンがうんたら~らしいので、てことはエストロゲン放出されて常にピチピチしてそうな若い新妻ッカードさんとかおねフォッグちゃんは胸のわりに控えめなのでは
@Medical_xa

@@Medical_xa

肝硬変の症状 ・女性化乳房 ・手掌紅斑 ・クモ状血管腫 はエストロゲンの代謝障害による
@believeinmagic8

@@believeinmagic8

耳硬化症  アブミ骨底が固着する変性疾患。白人女性に多い。エストロゲンが関連? 症状は低音から始まる難聴 診断は2000Hzの骨導聴力の低下、ティンパノグラムAs 治療はアブミ骨手術
@iv8AvbhRzuLk2td

@@iv8AvbhRzuLk2td

エストロゲンプロゲステロンどっちも基本入れる ただし子宮がなかったりしたらエストロゲン単剤でおけ

用語の意味

エストロゲン

エストロゲン(米: Estrogen, 英: Oestrogen, 独: Estrogene)は、ステロイドホルモンの一種。一般に卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれる。 エストロゲン(米: Estrogen)の語源は、ギリシャ語の“estrus(発情)”と、接尾語の“-gen(生じる)”から成り立っており、エストロゲンの分泌がピークになると発情すると言われたことに由来する。 種類 一般に以下の3種類が知られている。 エストロン (E1) エストラジオール (E2) エストリオール (E3) 生成 卵巣の顆粒膜細胞、外卵胞膜細胞、胎盤、副腎皮質、精巣間質細胞で作られる。乳児期早期(1-3ヶ月)の女性は思春期並に分泌量が多く、小卵胞が出没するが、2歳から思春期を迎えるまでは分泌量が減少する。2歳から思春期を迎えるまでの分泌量は女性で0.6pg/ml、男性で0.08pg/mlと女性の方が高くこれが女性の思春期初来が男性より早い原因の一つとなっている。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム