エストロゲンに関するダイエット

エストロゲン

  1. HOME
  2. エストロゲンに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「エストロゲン」最新コラム

最新コラム一覧

美容やダイエットに有効活用!栄養士がおすすめする「...

美容やダイエットに有効活用!栄養士がおすすめする「...

2019-06-18 02:00

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/b/dbee1_1655_adab6205_7053b66b-m.jpg (全2枚) 豆類はたんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含んでいます。そこで、ダイエット・美肌作り・便秘解消にもぴったりな豆類の活用法について栄養士が解説します。 こんなにある!豆類を食べる...

産後ダイエットの効果的なやり方は?成功のポイントは?

産後ダイエットの効果的なやり方は?成功のポイントは?

2019-06-16 21:00

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/7/878db_1655_34421913_7a08670a-m.jpg (全7枚) 出産後の女性を悩ませる、妊娠〜出産によって増えた体重。このまま体型が戻らなかったらどうしよう……と不安になり、ダイエットを始める方は多いのではないでしょうか。しかし、産後ダイエットは、普通のダイエ...

豆腐の驚くべき効果効能

豆腐の驚くべき効果効能

2019-06-07 08:00

(全3枚) 今回は豆腐の栄養と効果について書いていきます。 豆腐のカロリー 豆腐は一般的に絹ごし豆腐と木綿豆腐の2種類が売られていると思いますが、食べた時の滑らかな食感が特徴的な絹ごし豆腐は1丁で約150キロカロリー、木綿豆腐の場合は1丁で約200キロカロリーとなっています。 凝縮して作られている木綿...

10年後「見た目」に差がつく!? アラサー女子がはじめる...

10年後「見た目」に差がつく!? アラサー女子がはじめる...

2019-06-06 20:00

(全6枚) エイジングケアが気になるアラサー世代。今のケアをどれだけしっかりおこなうかで、10年後の見た目年齢が大きく変わります。 そこで今回は今すぐはじめたい、将来のためのスキンケアをご紹介します。 エイジングケアが気になるアラサー世代。今のケアをどれだけしっかりおこなうかで、10年後の見た目...

おからの驚くべき効果効能

おからの驚くべき効果効能

2019-06-06 12:00

(全2枚) 今回はおからについて書いていきます。 【おからは主に3タイプ】 生おから 一般的におからと言われているのが生おからです。豆乳を絞ったしぼりかすそのもの。できたてのため、大豆の風味を感じることができます。生おからは主に豆腐の専門店で買うことができます。ただし、水分を多く含むため、日持...

動画

Q&A

「エストロゲン」に関するワード

「エストロゲン」に関する口コミ・評判

@bressline

@@bressline

【女性ホルモンの働きと体とのかかわり】 こんにちは!   2つの女性ホルモンとその働き ■エストロゲン(卵胞ホルモン) 卵胞刺激ホルモンによって、原始卵胞が成熟した卵胞となるときに分泌するホルモン。 子宮内膜... bressline.com/article/detail…
@utukusikuikiru

@@utukusikuikiru

【女性の味方!豆乳】 ・大豆は栄養価が高く、豆乳は吸収率が良い! ・イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするので、産後の抜け毛の軽減、更年期障害の緩和、乳ガンの予防等に効果的。 ・美白効果、シワ・たるみ予防 ・便秘・冷え症改善 ・基礎代謝upでダイエット
@aromabot

@@aromabot

スクラレオール(ジテルペンアルコール類)の固有作用/エストロゲン様作用
@bnup333

@@bnup333

バストアップに欠かせないのが、エストロゲンやプロゲステロンといった知識です。これは生理周期に密接に関係しているので生理についても知識を深めるべきでしょう。また、二次性徴期におけるバストの発育過程についても勉強すべきです。
@young710erry

@@young710erry

体内からコラーゲンを増やすには、女性ホルモンのエストロゲンに似たイソフラボンが多く含まれる大豆食品を摂るようにしましょう
@Pi7nYq

@@Pi7nYq

このうち胸の成長にメインでかかわるのが「エストロゲン(卵胞ホルモン)」であり、
@kanrikokushi

@@kanrikokushi

肝硬変の症候:くも状血管腫。拡張した毛細血管が放射状にのびてクモのように見える。肝機能低下→エストロゲン異化低下によるエストロゲン過剰によっておこる
@medexam2014

@@medexam2014

OHSSでは循環血漿量の低下がみられる(○)(エストロゲン増加→血管透過性亢進による。血液濃縮→血栓塞栓症にも注意)
@zayo2052

@@zayo2052

牛乳よりできれば 産後の女性におすすめしたいのは『豆乳』です。 豆乳は女性ホルモン(エストロゲン)と 同じような構造を働きを持つイソフラボンが豊富に入ってます!! 今日から豆乳を取り入れた生活をしてみましょう!!
@Pi7nYq

@@Pi7nYq

「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」です。

用語の意味

エストロゲン

エストロゲン(米: Estrogen, 英: Oestrogen, 独: Estrogene)は、ステロイドホルモンの一種。一般に卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれる。 エストロゲン(米: Estrogen)の語源は、ギリシャ語の“estrus(発情)”と、接尾語の“-gen(生じる)”から成り立っており、エストロゲンの分泌がピークになると発情すると言われたことに由来する。 種類 一般に以下の3種類が知られている。 エストロン (E1) エストラジオール (E2) エストリオール (E3) 生成 卵巣の顆粒膜細胞、外卵胞膜細胞、胎盤、副腎皮質、精巣間質細胞で作られる。乳児期早期(1-3ヶ月)の女性は思春期並に分泌量が多く、小卵胞が出没するが、2歳から思春期を迎えるまでは分泌量が減少する。2歳から思春期を迎えるまでの分泌量は女性で0.6pg/ml、男性で0.08pg/mlと女性の方が高くこれが女性の思春期初来が男性より早い原因の一つとなっている。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム