カロテンに関するダイエット

カロテン

  1. HOME
  2. カロテンに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「カロテン」最新コラム

最新コラム一覧

若返る?体臭、メタボ、物忘れを撃退する食材

若返る?体臭、メタボ、物忘れを撃退する食材

2018-09-11 18:15

安くて手頃な「5つの食材」で老化対策を始めよう 年齢よりも若く見える人の条件は、男女に関係なく、次の5つにあると私は考えます。それは「体の動きが機敏」「引き締まった細マッチョ」「笑顔が爽やか」「肌と髪のツヤ」「清潔感」の5つです。 この5つのうち1つでも「ヤバイ、失いつつある……」と気づいたら...

さつまいもを使った置き換えダイエット

さつまいもを使った置き換えダイエット

2018-09-10 21:00

(全2枚) さつまいもは、おいしい上に低GI食品でもあります。低GI食品とは、食べた後の血糖値が上がりにくい食品のことです。血糖値が上がりにくいことは、脂肪を溜め込みにくくなることに繋がります。GI値はブドウ糖を100とした場合を基準とした血糖上昇率で、ダイエットには、GI値60以下の食品が適しています...

高騰していた野菜の価格に値下がりのきざし! 9月上旬...

高騰していた野菜の価格に値下がりのきざし! 9月上旬...

2018-09-10 19:00

農畜産産業振興機構が定期的に発表する、野菜の育ち具合や値段の見通しの最新情報をまとめた「野菜の需給・価格動向レポート」。平成30年8月20日版をもとに、よく育っていて値段(卸値)が落ち着いている、手に入れやすくて食べごろな野菜を「おすすめ野菜」としてご紹介! 【グラフを見る】9月上旬の野菜の価...

女性必見の美容フルーツであるプルーン!プルーンの持...

女性必見の美容フルーツであるプルーン!プルーンの持...

2018-09-07 12:00

(全5枚) スーパーやコンビニでもよく見かけるプルーンは、肉厚でとても甘く、栄養が豊富に含まれているドライフルーツとして女性から多くの人気を集めています。美容にとっても良い効果がたくさん期待できるプルーンの効能と、食べるときの注意点をご紹介します! 糖度の高いプラム(西洋すもも)を乾燥させて...

秋の味覚・イチジクを食べて内側から綺麗を磨こう!お...

秋の味覚・イチジクを食べて内側から綺麗を磨こう!お...

2018-09-05 10:00

(全3枚) 秋の味覚「イチジク」に含まれる栄養素・期待できる美容効果 イチジクとはクワ科イチジク属の落葉高木の一種のことでアラビア南部が主な原産地です。その栄養価の高さから古代ローマでは「不老長寿の果物」と呼ばれているんだとか! 【イチジクに含まれる栄養素・期待できる美容効果】 イチジクには...

動画

Q&A

「カロテン」に関するワード

「カロテン」に関する口コミ・評判

@beauty_pharmbot

@@beauty_pharmbot

リコピンはトマトの赤い色素であり、βカロテンの2倍、ビタミンEの1000倍の抗酸化作用を持ち、活性酸素除去作用があるとされる。
@yurinasunny

@@yurinasunny

ほうれん草は、「カリウム」「カルシウム」「ビタミンE」など、代謝のアップやむくみ対策などの肥満対策にはうってつけの食べ物といえます。 また「カロテン」も含んでいますので、がん予防や髪やお肌に良い美容効果も得られます。
@710never

@@710never

茨城県はにんじんの全国第5位の主要な産地となっています。β-カロテンは免疫力を高めて風邪などの予防効果があると言われています。油で炒めると吸収がよいので油を使った調理法がおすすめです。食卓の彩りに茨城県のにんじんをご賞味下さい。
@Xgi_tonX

@@Xgi_tonX

返信先:@niku2_chicken 喉の枯れには ビタミンA:バター、レバー類、卵黄など ベータカロテン:ニンジン、ほうれん草など ビタミンC:ピーマン、ブロッコリー、果物など もいいらしいよん
@morimizue

@@morimizue

シミ、シワ、乾燥肌予防にはビタミンA・C・Eが必要です。緑黄色野菜を食べるといいですね。例えば私はトマトをよく食べますがβカロテン、ビタミンC、カリウムがたっぷりです。赤色の成分リコピンには抗酸化作用がありますからアンチエイジングにぴったりです。
@kyuukyoku_hutuu

@@kyuukyoku_hutuu

本書の目的はどのような食事をすれば脳卒中、心筋梗塞、がんなどの病気を減らし健康を維持したまま長生きできる確率を上げることができるかを説明すること、 βカロテンは健康に良くなく有害である可能性が高いことが解ってきた。 チョコレートは高血圧の患者の血圧を下げる作用がある。 pic.twitter.com/wxW6hgFMSD
@teruyo_bot

@@teruyo_bot

ニンジンのβカロテンは、煮る事で、体に吸収される量が1.6倍になるそうよ。ちなみに、カロテノイド系は抗酸化作用がある上に、βカロテンは心筋梗塞、脳卒中、LDLコレステロールによる血管の閉塞、口腔ガンの予防・治療に効果があるらしいわ。カロテノイド自体についての詳細はまた別の呟きで。
@eiyoshihattori

@@eiyoshihattori

サツマイモの色はβ-カロテンによる。
@nomu_tsc12

@@nomu_tsc12

返信先:@bN2E9i55VRfBCvZ アリシンとかβカロテンとか、、あ、これはニラの栄養素か←
@r_somurie

@@r_somurie

【ビタミンA】 にんじん、かぼちゃなど 緑黄色野菜に多く含まれる オリーブオイルやバターなど 油と一緒に摂ると カロテンの吸収率UP↑

用語の意味

カロテン

『カロテノイド』より : カロテン、カロチン(英: carotene、独: carotine)は、カロテノイドのうち炭素と水素とから成る化合物の総称である。植物によって生合成されるが、動物は生合成することができない。カロテンは光合成において重要な橙色光合成色素の一つである。ニンジン(羅: carota、英: carrot)の橙色の元であり、これがカロテンの語源となっている。しかし、ニンジンだけでなく多くの果物や野菜(例えばサツマイモやマスクメロン)に含まれている。枯れ葉の橙色や乳脂肪、バター、卵黄の黄色も、カロテンによる着色である。ヒトやニワトリの典型的な黄色脂肪は、それら食物由来のカロテンの脂肪貯蔵の結果である。 カロテンは、吸収した光エネルギーをクロロフィルへ伝送することで光合成に寄与している。また、カロテンは、光合成中に形成する酸素分子の活性型である一重項酸素のエネルギーを吸収するので、植物組織の保護に役立っている。 化学的には、カロテンはテルペンの一つであり、8個のイソプレン単位から生合成される。カロテンには、主にα-カロテンとβ-カロテンの2種の異性体がある。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム