クロロゲン酸に関するダイエット

クロロゲン酸

  1. HOME
  2. クロロゲン酸に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「クロロゲン酸」最新コラム

最新コラム一覧

さつまいもの皮は栄養の宝庫?! 「皮」に秘められた美容...

さつまいもの皮は栄養の宝庫?! 「皮」に秘められた美容...

2018-10-11 19:00

(全3枚) 皮ごと食べれば得られる3つの栄養素と美容効果 さつまいもの皮の紫色「ポリフェノール」でアンチエイジングを狙おう! さつまいもの皮の部分には「ポリフェノール」が含まれてます。これは「アントシアニン」と「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種です。「アントシアニン」は主に紫色の成分...

ダイエットにも健康にも良い〇〇とは?

ダイエットにも健康にも良い〇〇とは?

2018-10-11 08:00

(全2枚) 突然ですが、皆さんコーヒーは飲みますか? ちなみに僕は大好きで食後を中心に、1日3〜4杯は飲んでます(笑)。 ということで今回は、コーヒーのダイエット効果や健康効果についてお話しさせて頂きたいと思います。 ・合わせて読みたい→ 老化・肥満はカラダの酸化が原因!抗酸化物質を多く含む食べ物(h...

夏野菜のナスが秋の味覚?気になる美容効果をご紹介!

夏野菜のナスが秋の味覚?気になる美容効果をご紹介!

2018-10-01 11:07

(全3枚) 1年を通して、いつでも手に入る「ナス」。 じつは、トマトやピーマン、オクラと同じく、7月から9月に旬を迎える夏野菜のひとつでもあります。 しかし、ナスがもっともおいしくなる時期は、肌寒さを感じる初秋です。 この時期に収穫されたナスは、身がキュッと締まって食感がよく、しっかりとした風味...

いちじくは健康だけじゃなくて美容にもいい!ダイエッ...

いちじくは健康だけじゃなくて美容にもいい!ダイエッ...

2018-09-21 17:31

(全8枚) 美容効果てきめん?!いちじくに含まれる美容成分とは? 「いちじく」は「無花果」と漢字で表され、花をつけずに実をつける不思議な果物です。この秘密は、実と思われているのはイチジクの花だということ。 プチプチとした食感とほんのりとした甘さ、そしてイチジク独特の香りが癖になりますね。イチ...

秋に食べたい美容スイーツ!レシピ付き「ヴィーガンス...

秋に食べたい美容スイーツ!レシピ付き「ヴィーガンス...

2018-09-19 18:50

こんにちは。栄養士、ダイエットアドバイザーの吉田理江です。糖質が高いことから敬遠している方もいらっしゃるかと思いますが、食べ過ぎなければ、美容・ダイエット効果が期待できる素晴らしい食材!!秋が旬の「さつまいも」を使った、簡単スイーツレシピをご紹介させて頂きます。簡単に作れるので、ぜひお...

動画

Q&A

「クロロゲン酸」に関するワード

「クロロゲン酸」に関する口コミ・評判

@hS5W5pNE1sHIN2a

@@hS5W5pNE1sHIN2a

コーヒー飲むと胃が荒れるのは、クロロゲン酸という成分のせい。 クロロゲン酸は胃酸の分泌を促し、過剰に分泌された胃酸が胃の粘膜を刺激する。 カフェィンレスコーヒーでも胃酸の分泌が認められたそうなので、空腹時や胃の調子が悪い自覚がある時はコーヒー飲むの控えましょ。
@nuzymunomic

@@nuzymunomic

コーヒーの薬効成分として、近年注目を集めている【クロロゲン酸】。理由は、がんや糖尿病、動脈硬化などの予防に効果があると研究結果が報告されている。クロロゲン酸の”抗酸化作用”による物と言われている。
@antiaging_cat

@@antiaging_cat

減量サプリとして、クロロゲン酸、EGCG、共役リノール酸をとっているので、アスタキサンチンは12mgに減らして、ユビキノールも300mgに減らした。 とりあえずビタミンABCDE以外は規定量通りでやってみようかな。 減量サプリにも抗酸化作用はあると思うのでとりあえず。
@haruhime_bot1

@@haruhime_bot1

【Tilia europaea】LINDEN リンデン(西洋ボダイジュ) シナノキ科 花部 葉部 成分:フラボノイド配糖体(ルチン、ヒペロシド、ティリロシド)/粘液質(アラビノガラクタン)/タンニン/フェノール酸(カフェ酸、クロロゲン酸)/精油(ファルネソールなど)
@haruhime_bot1

@@haruhime_bot1

【llex paraguayensis】MATE マテ モチノキ科 葉部使用 成分:アルカロイド(カフェイン、テオブロミン、テオフィリン)/フェノール類(カフェ酸、クロロゲン酸)/フラボノイド/ビタミン(B2、B6、C)/ミネラル(鉄、カルシウム、カリウムなど) 作用:興奮/利尿
@oyabakaking

@@oyabakaking

コーヒーには、口臭の予防(ブラックの場合)や、肝臓の活動促進によりアセトアルデヒドの分解を早めるので、二日酔いの防止にも効果がある。さらに、クロロゲン酸というコーヒーに含まれるタンニンの一種が、発がん物質の作用を抑制するらしい
@haruhime_bot1

@@haruhime_bot1

【Mentha piperita】 PEPPERMINT ペパーミント(西洋ハッカ) シソ科 葉部使用 成分:精油(l-メントール、メントン、メントフラン)/フラボノイド(アピゲニン、ルテオリン)/シソ科タンニン/フェノール酸(カフェ酸、クロロゲン酸、ロスマリン酸)
@coffee_breaktim

@@coffee_breaktim

【コーヒー効果】 コーヒーひ含まれるクロロゲン酸は発がん性物質の生成を抑制し、肝臓がんや大腸がんを防ぐと言われている。
@dietbot2014

@@dietbot2014

サツマイモが緑色になるのは、クロロゲン酸がアルカリ性で変色したため。天プラの衣に加えた重曹や、腐敗細菌の出すアンモニアなどで起こる。 #vegetable
@nutskix

@@nutskix

この中だとチョコかな…(あとコーヒー(クロロゲン酸)とか) #e0655 pic.twitter.com/UJKPeIogWb

用語の意味

クロロゲン酸

クロロゲン酸(クロロゲンさん、chlorogenic acid)は、3-カフェオイルキナ酸 (3-caffeoylquinic acid) とも呼ばれ、コーヒー酸のカルボキシル基がキナ酸3位のヒドロキシ基と脱水縮合した構造を持つ化合物である。コーヒー豆から初めて単離され、現在では多くの双子葉植物の種子や葉から見いだされている。熱に不安定で容易にコーヒー酸とキナ酸に分解する。カフェタンニンの1種とされたこともあるが、タンニンとしての活性が低く、現在ではタンニンの1種としては見なされていない。 コーヒー豆中に 5%–10% 近く含まれ、含有量はカフェイン (1%–2%) よりも多い。カフェインとともにコーヒー抽出液冷却時に認められる白濁の原因とされる。コーヒー抽出液の味覚における影響は複雑である(濃度その他の条件で渋、酸および甘を示す)。抽出時間が長すぎた時に顕われる雑味の原因とされる。 鉄(III) イオンの存在下で緑がかった黒色の化合物となる。アルカリ条件下で橙色を呈する。 ラジカル捕捉能を持つため、抗酸化作用が期待されている。 コーヒーに含まれるクロロゲン酸にマルトースをグルコースに分解する酵素であるα-グルコシダーゼの阻害活性が認められ、ラットで食後の血糖上昇の抑制作用が認められた。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム