クロロゲン酸に関するダイエット

クロロゲン酸

  1. HOME
  2. クロロゲン酸に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「クロロゲン酸」最新コラム

最新コラム一覧

こんなところにも嬉しい効果が! りんごの効果効能

こんなところにも嬉しい効果が! りんごの効果効能

2018-12-04 02:00

(全2枚) 今回はりんごについて書いていきます! 品種にもよりますが、おおむねりんごの旬は秋から冬です。 りんごを食べることにより、体に嬉しい効果があるので紹介していきます! ・合わせて読みたい→ 糖質制限ダイエット後、リバウンドを防ぐ方法(https://cocokara-next.com/fitness/how-to-prevent-a-reb...

カラダの調子を整えてくれる!朝の新習慣5つ

カラダの調子を整えてくれる!朝の新習慣5つ

2018-12-01 22:30

(全2枚) 「朝は起きるのが苦手」、「時間ぎりぎりに起きてしまう」なんて方も少なくはないのでしょうか。朝お出かけ前の時間を有意義に過ごせたら、一日が充実したものになりそうですよね。そこで、あすけん栄養士おすすめの朝の新習慣をご紹介します。 朝におすすめの新習慣5つ 1.ストレッチ 朝日を浴びて...

動画

Q&A

「クロロゲン酸」に関するワード

「クロロゲン酸」に関する口コミ・評判

@nuzymunomic

@@nuzymunomic

コーヒーの薬効成分として、近年注目を集めている【クロロゲン酸】。理由は、がんや糖尿病、動脈硬化などの予防に効果があると研究結果が報告されている。クロロゲン酸の”抗酸化作用”による物と言われている。
@anti_aging_megu

@@anti_aging_megu

【抗酸化物質を多く含む食品】■アントシアニン(ブルーベリー・カシス)■ケルセチン(そば)■ルチン(そば)■カテキン(お茶)■イソフラボン(大豆)■カルコン(明日葉)■クロロゲン酸(コーヒー豆)■ロズマリン酸(シソ)■ゴマリグナン(ゴマ)■クルクミン(ウコン)■タンニン(お茶)
@kei_tan_1125

@@kei_tan_1125

花王株式会社様よりSOFINA iP クロロゲン酸飲料10日間集中チャレンジモニター体験当選🎁✨ 飲んでみたかったので貴重な体験ありがとうございます❤️ 10日間頑張ります❗ pic.twitter.com/eunnU2OfrD
@kei_tan_1125

@@kei_tan_1125

花王株式会社様よりSOFINA iPクロロゲン酸飲料10日間集中チャレンジモニター体験当選しました🎁✨ 前から飲んでみたかったので貴重な体験ありがとうございます❤️ 10日間頑張ります❗ #当選報告 pic.twitter.com/BPy4dXehJD
@mi05ri07

@@mi05ri07

クロロゲン酸飲料!ソフィーナさんの無料モニターで頂きました😭💕初めて飲んだ感想は…飲みやすい!😳💓スポドリ系の味にフルーティ感を足した感じでした(語彙力)現在(大きな声では言えませんが)家事をしたくないという理由だけで……本職→バイトを掛け持ちでやっているので、中々美容に時間をかける pic.twitter.com/iJdR1Qowkb
@tabeken_bot

@@tabeken_bot

重層を入れた衣でさつまいものてんぷらを作るとクロロゲン酸がアルカリと反応してさつまいもの周囲が緑になるんだ。
@__mmntmr09

@@__mmntmr09

SOFINAさんからクロロゲン酸飲料のモニタープレゼントが届きました🎁 今日の寝る前に早速飲んでみます🌹💓 pic.twitter.com/INqRUSZ6Z6
@smile3ta

@@smile3ta

🎁ネット応募 当選🎁 ⭐️SOFINA iP クロロゲン酸 飲料… instagram.com/p/BrU53jjgsYH/…
@fnina1991

@@fnina1991

【コーヒーの雑学】 コーヒーには、口臭の予防(ブラックの場合)や、肝臓の活動促進によりアセトアルデヒドの分解を早めるので、二日酔いの防止にも効果がある。 さらに、クロロゲン酸というコーヒーに含まれるタンニンの一種が、発がん物質の作用を抑制するらしい。#雑学
@XTWMFVdTUeJ302C

@@XTWMFVdTUeJ302C

花王さんからクロロゲン酸飲料10本と土台美容液のミニサイズが届きました😊 初めてのモニター( ˶˙˙˶ ) 効果が出るといいな〜♩ pic.twitter.com/EFDvZ3jb2B

用語の意味

クロロゲン酸

クロロゲン酸(クロロゲンさん、chlorogenic acid)は、3-カフェオイルキナ酸 (3-caffeoylquinic acid) とも呼ばれ、コーヒー酸のカルボキシル基がキナ酸3位のヒドロキシ基と脱水縮合した構造を持つ化合物である。コーヒー豆から初めて単離され、現在では多くの双子葉植物の種子や葉から見いだされている。熱に不安定で容易にコーヒー酸とキナ酸に分解する。カフェタンニンの1種とされたこともあるが、タンニンとしての活性が低く、現在ではタンニンの1種としては見なされていない。 コーヒー豆中に 5%–10% 近く含まれ、含有量はカフェイン (1%–2%) よりも多い。カフェインとともにコーヒー抽出液冷却時に認められる白濁の原因とされる。コーヒー抽出液の味覚における影響は複雑である(濃度その他の条件で渋、酸および甘を示す)。抽出時間が長すぎた時に顕われる雑味の原因とされる。 鉄(III) イオンの存在下で緑がかった黒色の化合物となる。アルカリ条件下で橙色を呈する。 ラジカル捕捉能を持つため、抗酸化作用が期待されている。 コーヒーに含まれるクロロゲン酸にマルトースをグルコースに分解する酵素であるα-グルコシダーゼの阻害活性が認められ、ラットで食後の血糖上昇の抑制作用が認められた。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム