コホート研究に関するダイエット

コホート研究

  1. HOME
  2. コホート研究に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「コホート研究」最新コラム

最新コラム一覧

「糖質制限で老化する」は本当か

「糖質制限で老化する」は本当か

2018-08-24 11:00

この4月、「週刊新潮」がセンセーショナルな記事を掲載した。なんと糖質制限を続けると老化が進み、寿命が縮まるというのだ(「糖質制限で『老ける』『寿命が縮まる』」「週刊新潮」4月5日号)。広告の見出しや記事を読んで、心配になった人も多かったのではないだろうか。 「がんにならない」のはこんな人 20...

動画

Q&A

「コホート研究」に関するワード

「コホート研究」に関する口コミ・評判

@kojija

@@kojija

63000人におよぶ16つの前向きコホート研究において、乳脂肪に多く含まれる15:0, 17:0, and t16:1n-7を摂取していたグループは2型糖尿病の発生リスクが30%低かった。 goo.gl/WvFPjA #乳製品 #2型糖尿病 #乳脂肪
@HideWakabayashi

@@HideWakabayashi

維持透析患者でGNRIと自立歩行能力の関連をみた単施設後ろ向きコホート研究です。GNRIが低いと自立歩行が困難となりやすく、GNRI86が自立歩行のカットオフ値でした。GNRI87以上だと自立歩行能力を保ちやすい可能性があります。ドライウエイト増加も大事だと思います。 onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.11…
@konamih

@@konamih

大規模なコホート研究による結果 少なくとも月1-2回食べていれば大動脈疾患で死亡するリスクは高くならない。 心筋梗塞のリスクを下げるにはより多く摂取したほうがよいとも。 【プレスリリース】魚をほとんど食べない人で大動脈疾患死亡が約2倍に増加 | 日本の研究.com research-er.jp/articles/view/…
@Chemical_kisuke

@@Chemical_kisuke

コホート研究は、対照群を一定期間追跡して観察し、疾病などの発生割合を比較します。暴露と結果の強さを相対危険度として算出することが可能っす。 追跡しているので、前向き研究とも呼ばれていますね。
@Chemical_kisuke

@@Chemical_kisuke

ここで問題!腸管出血性大腸菌による食中毒の原因食物を特定するための研究で用いるのは、症例対象研究とコホート研究のどちらでしょう? 答えは、症例対象研究っス!原因となった食物を食べたのは「過去」のことですから、後ろ向き研究である症例対象研究を用います。
@spaceLupin

@@spaceLupin

Heart.2018;104:1756–1763 毎日卵をたべる人(平均0.76個/日)はそうでない人(平均0.29個/日)と比較して、冠動脈疾患や脳卒中発生率が有意に低い。 中国における大規模前向きコホート研究より。
@matiere

@@matiere

魚をほとんど食べない人で大動脈疾患死亡が約2倍に増加 | 国立がん研究センター/筑波大学 ncc.go.jp/jp/information… 日本の8つの大規模コホート研究から36万人以上を統合した解析を行い、質問紙によって調査した魚摂取頻度と大動脈疾患死亡リスクとの関連を検討 pic.twitter.com/uufB8hF0Nf
@Craniology_t

@@Craniology_t

日本人36万人の大規模コホート研究では、魚をほとんど食べないことが大動脈疾患(大動脈解離・大動脈瘤)による死亡リスクを増加させることを、世界で初めて明らかにした。 research-er.jp/articles/view/…
@igakutokusuru

@@igakutokusuru

卵を摂取する人は出血性脳卒中になるリスクが26%低く,さらに毎日の卵の消費は心血管疾患と出血性脳卒中の死亡リスクがそれぞれ18%と28%低いことと関連していた.中国461213例コホート研究(Heart 2018, May21) 交絡因子に問題があるようです
@Mats_blnt_pharm

@@Mats_blnt_pharm

🌱学習内容を論点解説動画で予習・復習できます。 #第102回薬剤師国家試験|#薬学理論問題 / #問125 (4) 論点:#疫学研究 #観察研究 #症例対照研究 #コホート研究 YouTube|e-ラーニングの『松廼屋 Mats.theBASE』▶再生リスト「薬剤師国家試験対策ノート」大公開中👇 youtu.be/evGKRbYo8Lo

用語の意味

コホート研究

『』より : コホート研究(こほーとけんきゅう、cohort study)とは分析疫学における手法の1つであり、特定の要因に曝露した集団と曝露していない集団を一定期間追跡し、研究対象となる疾病の発生率を比較することで、要因と疾病発生の関連を調べる観察的研究である。要因対照研究(factor-control study)とも呼ばれる。 ある基盤(地域、職業など)を元に行なう研究では実験的な介入は行なわない。主に一回の調査を行なう「横断研究」と、二回以上にわたり調査を行なう「縦断研究」があり、後者の中で特に最初の調査の対象者集団をコホートと呼ぶ。コホート研究はこの集団を前向きに追跡しているので、曝露から疾病発生までの過程を時間を追って観察することができる。したがって、疾病の自然史を調べることができる、観察の時間的な順序や論理の流れが実験に近い、複数の疾病についての調査が可能である(特定の曝露の広範な健康影響を調べることができる)、という利点がある一方で、対象としている疾病の発生が稀である場合には、大規模なコホートを長期間追跡する必要があり、時間とコストがかかるという欠点がある(→下記の「利点と欠点」の項目を参照のこと)。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム