コンニャクに関するダイエット

コンニャク

  1. HOME
  2. コンニャクに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「コンニャク」最新コラム

最新コラム一覧

日本人は意外と知らない!? 韓国人観光客が絶賛する「日...

日本人は意外と知らない!? 韓国人観光客が絶賛する「日...

2019-01-21 11:50

(全8枚) 最近、日本を訪れる韓国人観光客が増えている。 旅行を通じて日本の文化や食事などへの理解が高まるのもいいことだが、旅行の醍醐味といえば、やはり買い物ではないだろうか。 (関連記事:韓国で人気の冷めやらない日本式ラーメン。韓国人が好きな日本のラーメン店は) 韓国のネット上には「日本に行...

教えてRIZAPさん!!太りにくいお雑煮&おせちレシピ

教えてRIZAPさん!!太りにくいお雑煮&おせちレシピ

2019-01-01 01:30

(全6枚) 低糖質なお雑煮レシピ お餅の代わりに大根餅を使ったレシピをご紹介。白みそベースの関西風よりも、より糖質の少ないおすましタイプの関東風です。普通のお餅を使ったお雑煮と比べると約17.5g糖質を減らすことができます。 <糖質量の比較> お餅1個(50g)…糖質25.2g 大根餅1人分…糖質7.7g ■材料(2...

甘酒は子どもが飲んでもいいの?メリット&デメリット...

甘酒は子どもが飲んでもいいの?メリット&デメリット...

2018-12-21 09:35

「飲む点滴」として流行した甘酒は、発酵食品としても人気があります。甘酒を作る方法は、以下の2つがあります。 (1)米を麹菌で発酵させる (2)酒粕を水で溶かして砂糖を加える (2)は砂糖やアルコールが含まれているので、「体に良い」と流行したのは、ノンアルコールの(1)。「子どもが飲んでも大丈夫...

動画

Q&A

「コンニャク」に関するワード

「コンニャク」に関する口コミ・評判

@5QP1xz6y8LadiG2

@@5QP1xz6y8LadiG2

返信先:@moemama_choloko 初めてです。 タラコとコンニャク!?
@otouto_kagami

@@otouto_kagami

……ん、せんぱい、くろこがこんにゃくになった、です…Zzz
@MosCU_HIROSHIMA

@@MosCU_HIROSHIMA

返信先:@fishrewata他2人 あっ…残念だけど…斬鉄剣で切れないのは、コンニャクだから。。。(^◇^;)
@rab11o

@@rab11o

返信先:@Souutu2018 玉こんにゃくを煮ただけだよー! 好きなんだ☺️
@3646ma2

@@3646ma2

今日思ったコト ホルモンと一緒にこんにゃくの薄切り 味噌で煮込みまくると どっちがどっちかわからなくなるwww 少し特した気分└(՞ةڼ◔)」
@mikorei09

@@mikorei09

英語はギリギリギリギリセーフ(アウト)で読めなくもないけど他の言語はもう😭😭ほんやくコンニャクほしい…………
@mizumori_cppbot

@@mizumori_cppbot

音羽:ヌバーン!(生き生きとしたこんにゃくをタイル製の床に叩きつけたときの音)
@puni_muni

@@puni_muni

RT @_GHOST_CHASER: まぁとりあえず新幹線の車内でプルプルする山形名物玉こんにゃくをご覧ください pic.twitter.com/d9eCbQ7ZKz
@rab11o

@@rab11o

もうビプレッソ飲んで2時間経つのに、玉こんにゃくを煮るわたし🙄 年明けのフットンダ観てます📺♩ pic.twitter.com/NPjnaMmieP
@watase_s

@@watase_s

今日は3時には寝るというこんにゃく製の鋼の意思を持ってコンビニに行ってきます。

用語の意味

コンニャク

コンニャク(蒟蒻、菎蒻、学名:Amorphophallus konjac)は、サトイモ科の植物、あるいはその球茎から製造される食品である。 コンニャクを食用としている主な地域は日本、中国、ミャンマー、韓国等のアジア各国であるが、和食ブームの広がりとともに低カロリーの健康食品として欧米にも広がりつつある。 コンニャクの原料となるコンニャクイモの2007年度(平成19年度)の日本での収穫量は66,900t。主産地は群馬県 (89.5%) で、第2位栃木県 (4.1%) 、第3位茨城県 (1.7%) と続き、全国の約95%は北関東で生産されている。 植物としてのコンニャク サトイモ科の夏緑多年草植物で、学名はAmorphophallus konjac。英名はelephant footあるいはdevil's tongueとも言う。地下茎はコンニャクイモ(蒟蒻芋)と呼ばれる。原産地はインドまたはインドシナ半島(ベトナム付近)とされ、東南アジア大陸部に広く分布している。扁平な円形の地下茎があり、地上には葉だけを出す。茎(実は葉柄)は高さ1mほどに伸び、先端は平らに開いて鳥足状に小葉をつける。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム