セルライト 除去 病院に関するダイエット

セルライト 除去 病院

  1. HOME
  2. セルライト 除去 病院に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「セルライト 除去 病院」最新コラム

最新コラム一覧

女性の夕方のお悩み!パンパンのむくみを解消する意外...

女性の夕方のお悩み!パンパンのむくみを解消する意外...

2017-08-11 10:00

(全9枚) むくみ解消への第一歩!メカニズムを知ろう! そもそも「むくみ」とは、体の水分が異常に一部に溜まっている状態を指します。 何らかの原因で体の外に排出されない水が体内に溜まってしまうと、顔や目、足がむくんだりという症状を引き起こします。 さらに、むくみは人によって症状が出る箇所が違...

動画

Q&A

用語の意味

セルライト

セルライト(Cellulite)は疑似科学用語。皮下脂肪のうち、主に腹部・臀部・大腿部に不均一かつブロック状に存在する組織を指すとされる。美容業界、健康食品業界において用いられる用語であり、医学的な物ではない。 概念の起源と変遷 「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」の合成語としてフランスで生まれたと言われている。1973年、ニューヨークのエステティックサロンの経営者であるニコール・ロンサードがセルライトについての本を書きベストセラーになったことから一般に広く知られるようになった。 日本においては日経産業新聞、1996年の記事でセルライトが紹介されている。関係業界やマスメディア、特にテレビの健康番組を通して2000年代以降日本でも一般に流布するようになった。 定義 セルライトと通常の皮下脂肪の違いについては、セルライトは「脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもの」「脂肪細胞同士が付着してできる脂肪の固まり」「リンパ液の固まったもの」「成分のほとんどはコラーゲン」と複数の説があり十分に定まってない。

病院

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患に対し医療を提供し、病人を収容する施設のこと。 語源 元々hospitalという言葉は「傷病者や病人の収容施設」という意味合いの言葉である(hotelなどと語源は同じ)。そのため諸外国においては、この語が老人ホーム、養老院、孤児院の意味でも使用される。それに対し日本では、明治以降、この「hospital」という言葉に対する訳語として「病院」という言葉を当てることが一般的である。 日本で最初に「病院」という単語が使われたのは、戊辰戦争の頃で、その頃に使用された「病院」という文字が書かれた旗が順天堂大学に保管されている。 日本で最初の病院と言われているのは、1557年に医師でもあったポルトガルの宣教師ルイス・デ・アルメイダによって大分県に開設されたものであると言われ、外科、内科、ハンセン病科を備えていた。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム