タンパク質合成に関するダイエット

タンパク質合成

  1. HOME
  2. タンパク質合成に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「タンパク質合成」最新コラム

最新コラム一覧

目指せ痩せ体質!3ステップで脂肪が燃える最強レシピ

目指せ痩せ体質!3ステップで脂肪が燃える最強レシピ

2018-07-23 08:00

(全2枚) 脂肪燃焼に必要な3つ栄養成分 脂肪の燃焼を促すのに必要な栄養成分は、大きく分けて3種類あります。 STEP1筋肉をつくる STEP2代謝を上げる STEP3燃焼を促進する この3ステップを押さえたレシが、脂肪が燃える!「燃えメシ」。 脂肪が燃える仕組みと、必要な栄養成分、おすすめ食材を紹介します! STEP...

動画

Q&A

「タンパク質合成」に関するワード

「タンパク質合成」に関する口コミ・評判

Kituneshippo

@Kituneshippo

古細菌と細菌のタンパク質合成機構 例えばリボソームのサブユニットは半分ぐらい共通してるから、もしかしたら共通祖先は細胞膜やDNA複製が成立する以前の生命だったのかも。
Centraldogma_

@Centraldogma_

「生命の根源であるタンパク質合成の起点になる転写の過程を誤らせ、障害をあたえるものは、すべてイニシエーターとなり、発癌性があるということができる」 (医学博士 大木幸介 (1984年) 『毒物雑学事典』121頁 講談社)
FirstAuthor_bot

@FirstAuthor_bot

タンパク質合成に必須なtRNA修飾の化学構造が決定された tinyurl.com/kv8hzex [2013年1月]
Centraldogma_

@Centraldogma_

「発癌毒は、細胞のタンパク質合成における転写や複製の過程に働いて、遺伝情報を狂わせるので、一度狂ってしまえば取り返しがつかない」 (医学博士 大木幸介 (1984年) 『毒物雑学事典』107頁 講談社)
eiyou7

@eiyou7

【アスパラガス】さまざまなビタミンがバランスよく含まれ、病気に対する抵抗力を高める。またアミノ酸の一種であるアスパラギン酸は、新陳代謝を活発にし、タンパク質合成を高める働きがあるので疲労回復・体力増強に役立つ!旬:5~6月
Happy_peko_2014

@Happy_peko_2014

アスパラギン酸 体内のタンパク質合成・エネルギー代謝の促進などの効果が期待できる。 タンニン、ポリフェノール タンニン、ポリフェノールは体内の抗酸化作用が期待出来るため、生活習慣病の予防にも役立つ。 クエン酸 疲労回復に高い効能を発揮すると言われている。
beauhealthy

@beauhealthy

アルギニンは、脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促す効果があります。アルギニンとプラセボの摂取者を比較した所、アルギニン摂取者で夜間の成長ホルモン分泌が高くなる事が報告されています。。成長ホルモンは病気への抵抗力を高めたり、創傷を早く治癒させる、タンパク質合成を促進させる。
Centraldogma_

@Centraldogma_

抗がん剤 マイトマイシンC(マイトマイシン) 「作用機序 …腫瘍細胞のDNAと結合し、二重鎖DNAへの架橋形成を介してDNAの複製を阻害し抗腫瘍効果を示す…」 (添付文書 2009年9月改訂 第7版 3頁) タンパク質合成の阻害であり、発がんを引き起こす!ヽ(ヽ゚ロ゚)
yagen_syoyaku

@yagen_syoyaku

リボソームに結合してタンパク質合成阻害する抗生物質でアミノグリコシド系は30Sと50S、テトラサイクリン系は30S、マクロライド系とクロラムフェニコールは50Sに結合してタンパク質合成阻害するぞ。この違いはきちんと覚えておくべきだな。短刀と脇差、打刀の得意分野の違いみたいなもんだ
muscle_bancho

@muscle_bancho

ロイシンは筋肉のタンパク質合成をスタートさせる役割をもつ

用語の意味

タンパク質合成

『翻訳 (生物学)』より : 分子生物学などにおいては、翻訳(ほんやく、Translation)とは、mRNAの情報に基づいて、タンパク質を合成する反応を指す。本来は細胞内での反応を指すが、細胞によらずに同様の反応を引き起こす系(無細胞翻訳系)も開発されている。 翻訳は細胞が最も多くエネルギーを使うことの一つである。盛んに増殖する細胞内では、細胞内の全エネルギーの80%と、乾燥重量で50%にのぼる物質がタンパク質合成に関与している。1タンパク質合成のためには、100を超えるタンパク質とmRNAが調和して働くことが必要である。 翻訳に到るまでの道のり 生物の遺伝子がもっている情報は、DNAの塩基配列の形で細胞内に保持されているが、その情報の一部は生体内で合成されるべきタンパク質のアミノ酸配列を規定したものである。DNAのもつ情報は転写と呼ばれる過程によってまずmRNAの形に変換される。そして、mRNAのもつ塩基配列情報に則して、リボソーム内でアミノ酸が重合しポリペプチド鎖が生合成される。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム