タンパク質合成に関するダイエット

タンパク質合成

  1. HOME
  2. タンパク質合成に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「タンパク質合成」最新コラム

最新コラム一覧

中年太りしたくない!今すぐやめるべきNG習慣5つ

中年太りしたくない!今すぐやめるべきNG習慣5つ

2018-05-04 12:35

中年太りを加速する悪習慣を今すぐ見直そう! 中年太りを放っておくことは、さまざまな生活習慣病を招く恐れもありますので、「中年太りは自然の流れ」とうやむやにせずに、しっかり対処していきましょう。 NG習慣1:炭水化物の重ね食べ&大盛りが止められない 炭水化物の重ね食べとは、   ・ラーメン×...

動画

Q&A

「タンパク質合成」に関するワード

「タンパク質合成」に関する口コミ・評判

Muscle1240

@Muscle1240

ロイシンは筋肉のタンパク質合成をスタートさせる役割をもつ
CharlesSailer

@CharlesSailer

≪核酸≫核にある遺伝子の本体であるDNAと、核小体と細胞質にありタンパク質合成に関係するRNAとがある。
AtAhNmSk104

@AtAhNmSk104

【リシン】トウゴマから得られる毒性タンパク質。人体の最低致死量は0.03mg/kgであり、猛毒であるものの毒作用は服用の10時間後程度に現れる。タンパク質合成を停止させる作用を持ち、解毒剤がない。
biology12bot

@biology12bot

「リボソーム」はRNAとタンパク質からなります。遊離しているものと小胞体の表面に付着しているものがあります。タンパク質合成(翻訳)の場です。原核生物やミトコンドリアなどを含めほぼ全ての細胞に存在します。大きさ15〜20nmで光学顕微鏡では観察できません。
ikinanamae

@ikinanamae

[抗菌薬の標的] 細胞壁合成阻害(β-ラクタム系、β-ラクタム系以外) タンパク質合成阻害(アミノグリコシド系、マクロライド系、テトラサイクリン系、リンコマイシン系、クロラムフェニコール) 細胞膜障害、核酸合成阻害、葉酸代謝阻害
TETsEvidence

@TETsEvidence

誘導性発現系で一般的に使用されるドキシサイクリン用量(0.01〜1μg/ mL)は細胞代謝を実質的に変化させることを報告する:ミトコンドリアのタンパク質合成は酸素の減少およびグルコース消費の増加を伴って阻害された.さらにドキシサイクリンはヒト神経膠腫細胞を低酸素誘導細胞死から保護した.
ikinanamae

@ikinanamae

[抗結核薬] イソニアジド(細胞壁合成阻害)、リファンピシン(細菌RNAポリメラーゼ阻害)、ピラジナミド(作用機序不明)、エタンブトール(作用機序不明)、ストレプトマイシン(タンパク質合成阻害)
NOAA__oekaki

@NOAA__oekaki

返信先:@imoyoukan0923 高分子化合物というのは 1,多数個の原子が結合(共有結合)して出来たでかい分子からなる 2.分子量は1万以上のもの に該当する化合物のことです! 代表例としては「ゴム」「タンパク質」「合成〜」です! 人工のものと天然のものがあるので調べてみてくださいね!
kaitekilife_bot

@kaitekilife_bot

<あなたの細胞も、ストレス解消の「休息」を求めてる!> 人間の社会生活と同様、タンパク質合成という細胞内の分子レベルでも、ストレス解消には「休息」が必要と、ユニークな研究成果が証明されたそうです。
auberontw93

@auberontw93

RT @HiROX_G86: 我慢汁の糸引きの粘りがすごいんですw 納豆+エビオス錠などなど…タンパク質合成に良いもの食べてるおかげ⁈😁 pic.twitter.com/Nkx5qL21I3

用語の意味

タンパク質合成

『翻訳 (生物学)』より : 分子生物学などにおいては、翻訳(ほんやく、Translation)とは、mRNAの情報に基づいて、タンパク質を合成する反応を指す。本来は細胞内での反応を指すが、細胞によらずに同様の反応を引き起こす系(無細胞翻訳系)も開発されている。 翻訳は細胞が最も多くエネルギーを使うことの一つである。盛んに増殖する細胞内では、細胞内の全エネルギーの80%と、乾燥重量で50%にのぼる物質がタンパク質合成に関与している。1タンパク質合成のためには、100を超えるタンパク質とmRNAが調和して働くことが必要である。 翻訳に到るまでの道のり 生物の遺伝子がもっている情報は、DNAの塩基配列の形で細胞内に保持されているが、その情報の一部は生体内で合成されるべきタンパク質のアミノ酸配列を規定したものである。DNAのもつ情報は転写と呼ばれる過程によってまずmRNAの形に変換される。そして、mRNAのもつ塩基配列情報に則して、リボソーム内でアミノ酸が重合しポリペプチド鎖が生合成される。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム