テストステロンに関するダイエット

テストステロン

  1. HOME
  2. テストステロンに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「テストステロン」最新コラム

最新コラム一覧

「ぶりしゃぶ」の効果をアップさせる「鍋野菜」5選

「ぶりしゃぶ」の効果をアップさせる「鍋野菜」5選

2019-01-13 06:00

  冬のごちそうといえば「ブリ」ですよね。 「寒ブリ」と呼ばれるように脂が乗った冬のごちそう。最近は、スーパーマーケットでも手軽に手に入るようになりました。 古くから『旬の食材を食べると健康につながる』と言われるように、この脂たっぷりの「ブリ」が正月太りや肝臓のお疲れ、疲労、風邪予防な...

会社員が会社で身体を鍛える「社筋トレ」のすすめ

会社員が会社で身体を鍛える「社筋トレ」のすすめ

2019-01-11 18:00

「筋トレ」が流行っている。最初は「ダイエット」や「健康になりたい」という気持ちで筋トレをはじめる人が多いそうだが、筋トレをはじめた事によって「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が活発になり、「自分に自信が持てる」「性格が明るくなる」といったポジティブな効果を実感する人もいる。実際...

「サラダサーモンVSサラダシーチキン」勝手に食べ比べ

「サラダサーモンVSサラダシーチキン」勝手に食べ比べ

2018-11-11 06:00

  「サバ缶」の大ヒットで、手軽に食べられる魚の加工品が見直されています。 サバやイワシといった青魚は、認知症予防や血液サラサラで知られていますが、今や脂肪燃焼、若返り、最近では、うつ病などメンタルヘルスの効果も確認されています。 シニアだけでなく、若い世代や働き世代まで幅広く、毎日で...

「テストステロン」に関するワード

「テストステロン」に関する口コミ・評判

@vo1ce_yasha_bot

@@vo1ce_yasha_bot

てめぇの「顔」に「責任」持ってるか?表情筋をどれだけ使ってきたかで年を重ねていった時に驚くほど違いが出てくる。若々しいか。年相応か。老けて見えるか。それは自分が「生き方」で培ってきたもんだ。誰かのせいにはできないぜ。【夜叉™ testosterone】
@lakililac

@@lakililac

RT @shiori11101950: 体力についてはSRSを終えて5年くらいはまだ男性時代の貯金があってそこそこ無理もできたけど、ここ2、3年は本当に無理がきかなくなりました。力も男性時代は痩せっぽちで鍛えてもなかったのに今よりも力がありました。テストステロン、あんたって奴は…
@a_ttinti

@@a_ttinti

【衝撃】モテホルモンであるテストステロンを増やす方法5選 youtu.be/2qdhdn0LdPg @YouTubeより
@lunettes8888

@@lunettes8888

美少女なのでテストステロンはそんなに要らない(戒め
@lunettes8888

@@lunettes8888

昨日は気合を入れるべくテストステロンやドーパミンがドバドバ出る映画観よっ!って思ってジョン・ウィック2を観たんですけど、ジョン・ウィックは劇中で常に満身創痍なので無双感のあるイコライザーか常に筋肉って感じのエクスペンダブルズを観るべきでしたね(ジョン・ウィック2面白かったです
@kinmanpon

@@kinmanpon

人気者になりたければ筋トレ。←テストステロンホルモンで性格が変わる。見た目がが変わることで性格が変わる。
@moare_kowai

@@moare_kowai

RT @tou_matsuki: イキったりマウント取ったりすると男性ホルモンのテストステロンという脳内物質が出て睾丸で活発に精子が作られ体が男らしくなるっていうよく分からない知識を得てからドヤってるキャラを見るとコイツ今睾丸が活性化?してる…とか思うようになったし女キャラだと…
@igattap

@@igattap

クラインフェルター症候群・・・テストステロン低下 LH,FSH上昇
@muscle_trai

@@muscle_trai

孤高のラッパー“般若”×筋トレ革命家“Testosterone” 「筋肉は裏切らない」スペシャル対談初公開!! - PR TIMES prtimes.jp/main/html/rd/p…
@privatememobot

@@privatememobot

Kleinfelter症候群 減数分裂時のX染色体不分離 知能障害:XXYでは正常だが、X染色体が増えるほど頻度が高い 乳癌などの腫瘍・糖尿病・肺気腫・気管支炎を合併する LH・FSH↑、テストステロン↓

用語の意味

テストステロン

テストステロン(testosterone)は、アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種。 生成・分泌 哺乳類のオスでは睾丸で95%、副腎で5%、メスでは卵巣や副腎から男性の5-10%程度ながら分泌される。 作用 筋肉増大。 骨格の発達。 女性の男性ホルモン分泌の分泌量は前述通り男性の5-10%程度で、陰毛の発毛に関与する。 性ホルモンとしての作用 胎生期、妊娠6週目から24週目にかけて大量のテストステロンが分泌される時期があり、これにさらされること(アンドロゲン・シャワーと呼ばれる)によって、脳は女性的特徴(ホルモン分泌の周期性)を失う。なお、男性外生殖器の形成に関係するのは、5αリダクターゼにより、代謝されたジヒドロテストステロン(DHT)によるもの。 思春期以降の男性では睾丸からの分泌が顕著に増加し、男性的な身体の特徴が形作られる(二次性徴)。 一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1-2%の割合で減少する。テストステロンの減少は男性更年期と呼ばれるが、女性の更年期ほどには急激にホルモン分泌は変化せず、身体や精神に与える影響も個人差が大きい。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム