ビタミンAに関するダイエット

ビタミンA

  1. HOME
  2. ビタミンAに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「ビタミンA」最新コラム

最新コラム一覧

最強の夏バテ予防食!夏野菜とスパイスカレーでパワー...

最強の夏バテ予防食!夏野菜とスパイスカレーでパワー...

2018-07-20 23:00

(編集・制作(株)法研) きつい暑さを夏野菜のカレーで乗りきりましょう。ビタミン・ミネラル豊富な夏野菜とさまざまな機能性のあるスパイスを組み合わせた最強の夏バテ予防食! 体力を消耗する夏だからこそ栄養バランスのよい食事を 本格的な夏到来!外はうだるように暑いのに、屋内は冷房で寒いくらい。疲れ...

トマトが赤くなると医者が青くなる!?今が旬のトマトの...

トマトが赤くなると医者が青くなる!?今が旬のトマトの...

2018-07-20 16:30

全国各地で体温より気温が高い暑い日が続いています。最高気温が40度を超えた地域もありますので、熱中症情報をこまめにチェックして、みなさん厳重な警戒をしてくださいね。 さて、連日の暑さで疲労困憊した体におすすめの夏野菜が、トマトです。「トマトが赤くなると医者が青くなる」「トマトのある家に胃病...

夏バテで代謝も低下!?腸活に◎な「オクラレシピ」3選

夏バテで代謝も低下!?腸活に◎な「オクラレシピ」3選

2018-07-20 12:00

連日の酷暑で食欲が落ちてしまうと、当然ながら疲労回復が遅れがちになるものです。 また、「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」不足で肌荒れや基礎代謝の低下も招きかねません。 そんなこの季節におすすめな野菜は、今が旬の「オクラ」です。 ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、夏の身体をいやす栄...

旬のトウモロコシで食べ痩せ&疲労回復!賢い選び方と...

旬のトウモロコシで食べ痩せ&疲労回復!賢い選び方と...

2018-07-20 12:00

(全2枚) 夏といえば「トウモロコシ」!7月後半から8月にかけてがもっともおいしい時期です。 旬のトウモロコシには女性に嬉しい様々な栄養がギュッと詰まっています。 今回はそんなトウモロコシの栄養、選び方、保存方法をインナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。 たっぷりの食物繊維で便秘予防...

美しくなりたいなら…“腸活”をするべき10の理由

美しくなりたいなら…“腸活”をするべき10の理由

2018-07-19 20:00

腸が変わればカラダが変わる。美しさに磨きがかかる。心も健やかに変化する。あなたのさまざまな不調の原因には、実は腸内環境が深く関わっているのです。 腸が整うとカラダにいい10の理由 「人の健康を樹木にたとえると、不調や病気は“葉”。それを引き起こす原因が“根”です。腸は根の部分に最も深く関わって...

動画

Q&A

「ビタミンA」に関するワード

「ビタミンA」に関する口コミ・評判

bihada_yakata_

@bihada_yakata_

「美しい髪を作るのは小さなあれとヌルヌルしてるあれだった!」 髪によい食材は 「大豆製品」などの 「たんぱく質」が豊富な食材です。 また、ビタミンA(レバー・うなぎ・にんじん・トマト・小松菜など)は 髪を丈夫にします。 ワカメや昆布はヨードが豊富なので髪にツヤを与えます。
beauty_pharmbot

@beauty_pharmbot

ビタミンAは一般名レチノール、脂溶性ビタミンで、ドライアイ改善、夜盲症に効果あり。皮膚、粘膜の健康維持、免疫機能の維持による感染予防に効果的。ドライアイ、暗い場所で目が見えにくい、妊婦・授乳中の人は摂取を心がけてよい。過剰摂取に要注意。
sumicawa31

@sumicawa31

これだけ食べれば一日分栄養素 豆腐+とり胸肉=たんぱく 桜海老100g=カルシウム 豚肉レバー100g=鉄 ご飯3杯=糖質 パセリ100g(笑)=ビタミンA 豚ひれ肉100g=ビタミンB 乾燥ひじき100g=ビタミンB2+食物繊維 ビタミンDはアンコウの肝100gかいわし200g
ST57165790

@ST57165790

@ohtahiromi1974 親父の血液検査最新。 結果はさらにポジティブ。 腹水もかなり減った・・・ これからビタミンAが効いてくる・・・ 油断は禁物だが、光はハッキリと見えている。
r_somurie

@r_somurie

【ビタミンA】 にんじん、かぼちゃなど 緑黄色野菜に多く含まれる オリーブオイルやバターなど 油と一緒に摂ると カロテンの吸収率UP↑
beauty_pharmbot

@beauty_pharmbot

脂溶性ビタミンは過剰摂取分が脂肪など体内に貯留するため、過剰摂取発現のおそれがある。過剰摂取は要注意。該当ビタミンはビタミンA、βカロテン、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンF、ビタミンK1、ビタミンK2
iNpRFxJ1qtoByGb

@iNpRFxJ1qtoByGb

RT @mococo321: 【むくみ解消果物の王様】 スイカは95%が水分と言われますが、ビタミンA、B、Cなど各種ビタミン、カリウムなどミネラル類などを含みます。 ①むくみ解消 ②夏バテ予防、疲労回復 ③精力増強 ④美白、シミ予防 ⑤冷え性改善 ⑥薄毛改善 などの効果があり…
yakuzaimaster

@yakuzaimaster

頭皮と髪に効く食事・栄養素 抗酸化作用のあるビタミンA・C・E
n_sp_abc

@n_sp_abc

βカロテンの生理活性=ビタミンAの1/12
knkuztgk

@knkuztgk

ビタミンAを多く含む食材 ほうれんそう・にんじん・かぼちゃ・トマト・豚レバー など。

用語の意味

ビタミンA

ビタミンA (Vitamin A) とは、レチノール(Retinol、ビタミンAアルコールとも呼ばれる)、レチナール(Retinal、ビタミンAアルデヒドとも)、レチノイン酸(Retinoic Acid、ビタミンA酸とも)(これらをビタミンA1と呼ぶ)およびこれらの3-デヒドロ体(ビタミンA2と呼ぶ)と、その誘導体の総称で、ビタミンの中の脂溶性ビタミンに分類される。化学的にはレチノイドと呼ばれる。狭義にはレチノールのみを指してビタミンAと呼ぶこともある。ビタミンAは動物にのみに見られる。なお、β-カロテンなど、動物体内においてビタミンAに変換されるものを総称してプロビタミンAと呼ぶ。プロビタミンAは動植物ともに見られる。 生理活性 ヒト血液中のビタミンAはほとんどがレチノールである。血中濃度は通常0.5 μg/ml程度で、0.3 μg/mlを切るとビタミンA欠乏症状を呈する。 β-カロテンが体内で、小腸の吸収上皮細胞(あるいは肝臓、腎臓)において分解されてビタミン A になる。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム