ホメオスタシスに関するダイエット

ホメオスタシス

  1. HOME
  2. ホメオスタシスに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「ホメオスタシス」最新コラム

最新コラム一覧

体重が落ちない!停滞期を乗り越えるための必勝法

体重が落ちない!停滞期を乗り越えるための必勝法

2018-06-13 10:00

(全2枚) 「あすけんダイエット-栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」 いままで順調に体重が落ちていたのに、急に変化がなくなると焦りますよね。でも心配はいりませんよ。ダイエット中には体重が落ちなくなる「停滞期」は誰にでもあることです。 停滞期が訪れる時期は人それぞれです...

朝食だけ抜いてもダメ!?ダイエットを成功させる思い...

朝食だけ抜いてもダメ!?ダイエットを成功させる思い...

2018-05-21 19:50

朝食だけ変える、ウエストだけ引き締める、脚だけやせる…。こんなふうに、身体や生活の"ごく一部だけ"を変えることは、意外と難しいですよね。実は、ガラッと変えてしまった方が上手くいくことも。ダイエットとリバウンンドを繰り返してしまう人、必読です。 ちょっと変える、では変わらない!? 人間の身体に...

「なかなか痩せない…」から抜け出す方法!

「なかなか痩せない…」から抜け出す方法!

2018-05-17 18:50

こんにちは!下半身痩せ専門パーソナルトレーナーの飯沢芳明です。「食事制限してもなかなか体重が減らない…」なぜそのような状況になってしまうのでしょうか?そこには様々な要因が考えられますが、今回は少し違った角度から「なかなか痩せない…」から抜け出す方法を紹介します。 太る習慣を繰り返していませ...

動画

Q&A

「ホメオスタシス」に関するワード

「ホメオスタシス」に関する口コミ・評判

kokusi_judo

@kokusi_judo

ホメオスタシス  ホメオスタシス:内部環境の調節。(細胞外液を主に調節している) 種族保存機能は含まれない。
Lost______w

@Lost______w

すまない、ゼブル。 ”ホメオスタシス”を”ホモオススタンス”と読み取ってしまい、真の意味での性愛者となったのだと捉えてしまった。
kokusi_judo

@kokusi_judo

血液の役割   ① 運搬機能:ホルモンやビタミンを運搬したり、熱を分配する。 ② ホメオスタシス ③ 止血 ④ 生体防御
seibustu_bot

@seibustu_bot

『外部環境』の変化に対応し情報伝達システムによって『内部環境』の平衡を保つ働きを『恒常性(ホメオスタシス)』という。
tsune1221

@tsune1221

柿の種3袋も食べちゃった💦 #ダイエット中 頑張れ俺のホメオスタシスp(^^)q
xxxbubs

@xxxbubs

余は砕こうとして砕きすぎて鉄パイプ黒痔のゲイ男になってしまったが、それもまた世界を破滅するために必要だと思っている。ただし再三訂正するが余は黒衣の男、ノーマル、暗黒に沈むこの身が神のホメオスタシスたる世界を邪悪の渦に包んでやろうぞ。
z95vt

@z95vt

返信先:@Kam1k1open 元気になれるなら欲望は素敵なモノですよね。ホメオスタシス。無理せずお仕事頑張ってください(^^)
yagamin

@yagamin

最近家の近くの高層ビルからよく人が落ちるそうだが、世間が悪いのかホメオスタシスなんかもうわからない。とりあえず事象だけ捉えて落ちものパズルとでも言って一時の平静を装うなど。しかし、何があるんだろう?なかなか深い話になるね。
表参道美容矯正専門サロン アカデミア

@表参道美容矯正専門サロン アカデミア

「ホメオスタシス」 ⇒
academiaseitai

@academiaseitai

「ホメオスタシス」 ⇒ ameblo.jp/kmys0818/entry…

用語の意味

ホメオスタシス

『恒常性』より : 恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシス(英語:Homeostasis、ギリシア語:ΟΜΟΙΟΣΤΑΣΙΣ)とは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。 恒常性は生物のもつ重要な性質のひとつで生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指す。生物が生物である要件のひとつであるほか、健康を定義する重要な要素でもある。生体恒常性とも言われる。 恒常性の保たれる範囲は体温や血圧、体液の浸透圧やpHなどをはじめ病原微生物やウイルスといった異物(非自己)の排除、創傷の修復など生体機能全般に及ぶ。 恒常性が保たれるためにはこれらが変化したとき、それを元に戻そうとする作用、すなわち生じた変化を打ち消す向きの変化を生む働きが存在しなければならない。これは、負のフィードバック作用と呼ばれる。この作用を主に司っているのが間脳視床下部であり、その指令の伝達網の役割を自律神経系や内分泌系(ホルモン分泌)が担っている。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム