ホメオスタシスに関するダイエット

ホメオスタシス

  1. HOME
  2. ホメオスタシスに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「ホメオスタシス」最新コラム

最新コラム一覧

食べ過ぎちゃった!カロリーも罪悪感も翌日リセット食...

食べ過ぎちゃった!カロリーも罪悪感も翌日リセット食...

2018-08-02 20:50

(全5枚) 先週焼肉食べ過ぎて後悔したはずなのに、今度は友達に誘われて人気ホテルのケーキ食べ放題。来週はビアガーデンがある〜!…でも大丈夫。食べ過ぎた翌日からの食事に気を付ければ、食べ過ぎちゃってもいいんです!つらい断食も不要♪攻めのリセット食をご紹介します♪♪ 食べ過ぎちゃう原因 本来私たちの...

動画

Q&A

「ホメオスタシス」に関するワード

「ホメオスタシス」に関する口コミ・評判

Okiniiriboot

@Okiniiriboot

【ヘテロスタシス】成長、変化、自己実現しようとするものであり、今とはちがうものになろうとする動機。対概念はホメオスタシス。
cruel774

@cruel774

でも人間ホメオスタシスだかなんだかなので変化を求めていない〜〜〜はい論破
nano_siretto

@nano_siretto

返信先:@yucawm ありがとうございます! ホメオスタシスってやつですかね😊 自分のペースは全然ですが継続することだけは出来るかなと💦
tomomi48lecoeur

@tomomi48lecoeur

アロマテラピーでよく登場する言葉に「ホメオスタシス」というのがある。めちゃ寒い時でも外気温と同じ体温にはならない…とか、そんなことですね。体の健康にはなくてはならない機能です。さて、メンタルの健康ではどうかな? ふと、そんなことを思いました。ameblo.jp/aroma-sugar/en… #アロマテラピー
yakebe_daddy

@yakebe_daddy

RT @nonuple9: 気になったので軽く調べてみました。 太い血管を冷やすのは確かに効率はいいけど、心臓に近い血管が冷えると防御的にホメオスタシスが働いて自律神経が体温を上げる方に向いちゃう。 末端なら、冷却効率は太い血管に劣っても、自律神経の反応を引き出さないので結…
izumi_note

@izumi_note

RT @nonuple9: 気になったので軽く調べてみました。 太い血管を冷やすのは確かに効率はいいけど、心臓に近い血管が冷えると防御的にホメオスタシスが働いて自律神経が体温を上げる方に向いちゃう。 末端なら、冷却効率は太い血管に劣っても、自律神経の反応を引き出さないので結…
jyojyo58223287

@jyojyo58223287

ホメオスタシス、アロスタシスどちらも一定の状態を保つ重要なシステム ホメオスタシスは例えば高熱が出た時体が発汗したり皮膚血管の拡張により体の熱を外に逃がそうとして体温を下げようとする アロスタシスは体が適応する。例えば運動をすることで始めは辛いが徐々に体がなれてくることをいう
KishoMoririn

@KishoMoririn

RT @nonuple9: 気になったので軽く調べてみました。 太い血管を冷やすのは確かに効率はいいけど、心臓に近い血管が冷えると防御的にホメオスタシスが働いて自律神経が体温を上げる方に向いちゃう。 末端なら、冷却効率は太い血管に劣っても、自律神経の反応を引き出さないので結…
shigatakeshi

@shigatakeshi

ホメオスタシスとは - コトバンク - ミイラ取りが、ミイラの訳。 tmblr.co/Zc-Rpw2a-bVCW
chikakon55

@chikakon55

人は1日に7,8万回考え事をしているが、そのうち、大半は昨日と同じこと。 ホメオスタシスで、昨日と同じを保とうとする力が働く。 進みたい方向へ、アクセルとブレーキを同時に踏んでいることになる って、先生が言ってた🧘‍♀️

用語の意味

ホメオスタシス

『恒常性』より : 恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシス(英語:Homeostasis、ギリシア語:ΟΜΟΙΟΣΤΑΣΙΣ)とは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。 恒常性は生物のもつ重要な性質のひとつで生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指す。生物が生物である要件のひとつであるほか、健康を定義する重要な要素でもある。生体恒常性とも言われる。 恒常性の保たれる範囲は体温や血圧、体液の浸透圧やpHなどをはじめ病原微生物やウイルスといった異物(非自己)の排除、創傷の修復など生体機能全般に及ぶ。 恒常性が保たれるためにはこれらが変化したとき、それを元に戻そうとする作用、すなわち生じた変化を打ち消す向きの変化を生む働きが存在しなければならない。これは、負のフィードバック作用と呼ばれる。この作用を主に司っているのが間脳視床下部であり、その指令の伝達網の役割を自律神経系や内分泌系(ホルモン分泌)が担っている。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム