ホメオスタシスに関するダイエット

ホメオスタシス

  1. HOME
  2. ホメオスタシスに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「ホメオスタシス」最新コラム

最新コラム一覧

睡眠中は、何している?

睡眠中は、何している?

2018-10-14 12:00

(全2枚) 動物である私たちヒトには、しっかり休息することも必要とされています。 例えば、お仕事の合間にティータイムや他愛ない雑談などでも、もちろん気持ちを切り替えたりできますが、一日の疲れをリセットするにはやはり睡眠をとることが大切ですね。 では、眠っている時には… 身体の中でどのようなこと...

諦めるのはまだはやい?ダイエットの効果が実感できな...

諦めるのはまだはやい?ダイエットの効果が実感できな...

2018-09-30 12:00

(全7枚) ダイエットをスタートしたころはいい感じに体重が落ちていったけれど、気が付いたらダイエットはしているのに体重が減らなくなってしまったなんてことも。ダイエット中に経験する停滞期はとても辛いものとなっています。ダイエットの効果が実感できなくなってしまった時期に試したい、ダイエットの停...

動画

Q&A

「ホメオスタシス」に関するワード

「ホメオスタシス」に関する口コミ・評判

@tennisFE_abc

@@tennisFE_abc

サッム! もうホメオスタシスだわ。 pic.twitter.com/XX6MsndF0c
@kokusi_judo

@@kokusi_judo

ホメオスタシス  ホメオスタシス:内部環境の調節。(細胞外液を主に調節している) 種族保存機能は含まれない。
@teru_kaze

@@teru_kaze

@tos やっと郵便局行ってこれた💦 洗濯物等取り込んだらデスクワークちょいやってスクワットしなければ🏋️‍♂️ 体に備わってるホメオスタシスのせいで最近体脂肪率全然減らないどころかちょい増えた💢 ダイエッターの敵😠!!! めげずに頑張るぞ!
@kokusi_judo

@@kokusi_judo

血液の役割   ① 運搬機能:ホルモンやビタミンを運搬したり、熱を分配する。 ② ホメオスタシス ③ 止血 ④ 生体防御
@t7mcwOKW2RjrzoL

@@t7mcwOKW2RjrzoL

ゴールにリアリティを持たせることが出来なければ、コンフォートゾーンは移動せず、ホメオスタシスはあなたを現状に留まらせてしまいます。
@sekino3cha

@@sekino3cha

【健康と美容のための栄養学vol17】 「酵素の種類」 →体内の酵素は「代謝酵素」と「消化酵素」の2種類あります。 消化酵素は体内の食物に対して分泌されて消化・吸収のプロセスに使われます。 代謝酵素はホメオスタシスの維持や傷ついた細胞の修復、筋活動など消化・吸収以外のプロセスで働きます。
@whoswho_bot

@@whoswho_bot

【クロード・ベルナール】 19Cフランスの医師、生理学者。実験医学の先駆。組織液の循環等の調整メカニズムにより生物の内部環境は外部環境から独立していると提唱した(ホメオスタシス)。ルイ・パスツールとともに低温殺菌法を考案。「実験医学序説」は自然主義文学にも影響を与えた。
@ORENJI035

@@ORENJI035

ホメオスタシス:心理学用語集 サイコタム psychoterm.jp/basic/percepti…
@THEHOLYLOVEmomo

@@THEHOLYLOVEmomo

『ホメオスタシスとゲシュタルトの積極的破壊10/18/2018』おにょさん♪ ⇒ ameblo.jp/phonograman/en…
@time0will0tell0

@@time0will0tell0

ホメオスタシスを超えるのは無理だな

用語の意味

ホメオスタシス

『恒常性』より : 恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシス(英語:Homeostasis、ギリシア語:ΟΜΟΙΟΣΤΑΣΙΣ)とは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。 恒常性は生物のもつ重要な性質のひとつで生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指す。生物が生物である要件のひとつであるほか、健康を定義する重要な要素でもある。生体恒常性とも言われる。 恒常性の保たれる範囲は体温や血圧、体液の浸透圧やpHなどをはじめ病原微生物やウイルスといった異物(非自己)の排除、創傷の修復など生体機能全般に及ぶ。 恒常性が保たれるためにはこれらが変化したとき、それを元に戻そうとする作用、すなわち生じた変化を打ち消す向きの変化を生む働きが存在しなければならない。これは、負のフィードバック作用と呼ばれる。この作用を主に司っているのが間脳視床下部であり、その指令の伝達網の役割を自律神経系や内分泌系(ホルモン分泌)が担っている。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム