メラニンに関するダイエット

メラニン

  1. HOME
  2. メラニンに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「メラニン」最新コラム

最新コラム一覧

ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめ...

ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめ...

2018-12-14 16:30

美容やダイエットによいと言われる「白湯」。習慣にしている人も多いのではないでしょうか? その白湯にレモンをプラスした「レモン白湯」が、今注目されているのです。 簡単!レモン白湯のレシピ <材料> 水レモン果汁やかんなどでお湯を沸かします。沸騰したら蓋を取って、約15分間程煮立たせます。沸かし...

目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因...

目の下にクマができるのは血のめぐりが悪い証拠?原因...

2018-12-10 23:00

提供:gooヘルスケア つらい「目のクマ」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 温めて、血を巡らせる 出典:株式会社法研「女子漢方」 著者:矢久保修嗣日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科科長 木下優子日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長 上田ゆき子日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科救急担...

悪酔いを防ぐ!?冬に食べたい「ブロッコリー」の魅力3つ

悪酔いを防ぐ!?冬に食べたい「ブロッコリー」の魅力3つ

2018-12-01 12:00

通年出回っている「ブロッコリー」ですが、実は冬が旬です。サラダなどに使われることも多く、女性にとっては身近な野菜ですよね。 ブロッコリーは「βーカロテン」や「ビタミンC」「スルフォラファン」と、さまざまな栄養素を含むことから、美肌キープや悪酔い防止のためにとっておきたい野菜の1つです。 ベジ...

お金をかけても肌荒れが…女医が教える、美肌最大の敵

お金をかけても肌荒れが…女医が教える、美肌最大の敵

2018-11-14 18:15

美肌の最大の敵って? 「え、歳には見えない!」という女性が増えてきていますが、美意識が高い女性は、年齢を問わず増えてきているように思います。メディアには、美肌を作るためのありとあらゆる情報が氾濫していますし、ドラッグストアでも百貨店でもたくさんの「アンチエイジング」グッズが並んでいます。...

味噌の〇〇が美をサポート!味噌の作りおきレシピ3選

味噌の〇〇が美をサポート!味噌の作りおきレシピ3選

2018-11-09 12:00

腸内環境を整えることは、美と健康の基本ですよね。そこで、積極的にとりたい成分が「乳酸菌」です。 乳酸菌は、「味噌」からもしっかり摂取することができます。 ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、もっととり入れたい味噌の活用法をご紹介いたします。 ■腸内環境の改善は、食生活が基本 腸内環境の...

動画

Q&A

「メラニン」に関するワード

「メラニン」に関する口コミ・評判

@biyou_bot

@@biyou_bot

【ビタミンCの効果】メラニン色素の生成を阻害したり、コラーゲンの合成を促進してくれる効果がある
@nigg_DQ10

@@nigg_DQ10

返信先:@dq_neko メラニンのことです。
@grbgrbchan

@@grbgrbchan

肌の老化を早めてしまう大敵は紫外線です! 「シミ・ソバカス」の原因となるメラニン色素を過剰に生成したり肌のコラーゲンを痛めつけ 「しわ・たるみ」を引き起こしてしまいます。
@motewo_man

@@motewo_man

しみ・そばかすの主な原因は【赤外線/UV】紫外線を浴びた肌は紫外線に対抗しようとするため、色素細胞からメラニン色素を放出します
@BoyouTweet01

@@BoyouTweet01

【スキンケア豆知識】 しみ・ソバカス対策①⇒【ビタミンE】メラニンが生成されるのを防ぐ効果が期待でき、新陳代謝を促進してメラニンの排出を促します。ホルモンの分泌も整えるのでホルモンバランスの乱れからくる「しみ・ソバカス」にも効果が期待できます。
@hmrys_bot

@@hmrys_bot

流星「メラニン師匠!」濵田「俺ももっと焼きたいなぁ」桐山「ハマちゃん日焼けしたらチャラなりそう」流星「チャラちゃんやな(笑)」(TV LIFE/2014年8月29日号)
@reipyw10

@@reipyw10

【プラセンタ】 プラセンタは、メラニン色素を作り出す元凶の活性酸素を取り除き、新陳代謝も速めてくれます。そのためターンオーバーがスムーズになり「美白」に効果があるといわれています。 また、ニキビ跡、シミ、そばかすにも効果的!
@hykmixer

@@hykmixer

推しの乳首を見て「メラニン色素ガンギマリ」とかいう新たなパワーワードを生み出してしまった
@888ym88ym888

@@888ym88ym888

本当にそばかすの部分が濃くなって、メラニンが凝縮された感じ😳 これがポロッと取れてキレイになるのか楽しみ♡ 1日目photo!(お見苦しい💦) pic.twitter.com/9fz92LyAwC
@kesyouhin_bot

@@kesyouhin_bot

日焼けについては、処置は早い方が良いです。時間がたつと、メラニンの量が増えてしまい美白してもなかなか効果が現れないので早めに気づくことが大切。日焼けした肌にいろいろとむやみに塗るのは逆にお肌を傷つけてしまう場合があります。まずは皮膚の『ほてり』をしっかりとることです。

用語の意味

メラニン

メラニン (melanin) は、ヒトを含む動物、植物、原生動物、また一部の菌類、真正細菌において形成される色素である。メラニン色素ともいう。主に黒褐色の真性メラニン(eumelanin、エウメラニン)と、橙赤色の亜メラニン(Pheomelanin、フェオメラニン)の2種類がある。脊椎動物では、大半が皮膚の表皮最下層の基底層や毛髪の毛母などにあるメラノサイト(色素細胞)で生成され、一部は網膜色素上皮細胞で生成される。 メラノサイトはメラニンを生成する機能があるのみで、メラニンを貯蔵する細胞ではない。メラニンは蛋白質と固く結合しており、微細な顆粒状をしているが、その生成過程は複雑である。名前から、メイラード反応によるものと間違えられやすいが、メラニンの生成はメイラード反応によるものではない。 メラニンのルーツは、アミノ酸の一つであるチロシンである。このチロシンにチロシナーゼという酸化酵素が働き、ドーパという化合物に変わる。更にチロシナーゼはドーパにも働きかけ、ドーパキノンという化合物に変化させる。ドーパキノンは化学的反応性が高いので、酵素の力を借りる事なく次々と反応していく。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム