冷房に関するダイエット

冷房

  1. HOME
  2. 冷房に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「冷房」最新コラム

最新コラム一覧

肩こり・首の痛みの治し方。めぐりを良くする食材で改善!

肩こり・首の痛みの治し方。めぐりを良くする食材で改善!

2018-11-26 23:00

提供:gooヘルスケア つらい「肩こり・首の痛み」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 血行を促して症状を改善 出典:株式会社法研「女子漢方」 著者:矢久保修嗣日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科科長 木下優子日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長 上田ゆき子日本大学医学部附属板橋病院東洋医...

潤い肌を取り戻すためには?

潤い肌を取り戻すためには?

2018-11-17 08:00

秋、冬の季節は、肌の乾燥が気になる女性が多いかと思います。 乾燥肌になると、、、 化粧のノリが悪い、かゆみがでる、肌荒れを起こす、などの悩みが出てきます。 これからの時期を乾燥肌の予防をしてのりきりましょう。 まずは、乾燥肌の原因です。 乾燥肌は肌のバリア機能が低下するころにより発生します。...

なかなか止まらない咳や喘息をやわらげる方法

なかなか止まらない咳や喘息をやわらげる方法

2018-11-15 01:57

(全2枚) 季節の変わり目で体調を崩しやすい時期に、かぜや花粉症などの影響から咳や喘息の症状に悩まされることがありませんか? なかなか止まらない咳や喘息は、慢性化すると体力を消耗し、身体全体の不調にもつながってしまいます…。 ですので、今回は体質改善で「咳」と「喘息」をやわらげる方法をお話しし...

放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原...

放置しちゃいけない!『冷えは未病のサイン』冷えの原...

2018-11-06 23:00

提供:gooヘルスケア つらい「冷え症」改善-漢方医学、西洋医学での対処法 万病のもと”未病のサイン”を見逃さずに 出典:株式会社法研「女子漢方」 著者:矢久保修嗣日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科科長 木下優子日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長 上田ゆき子日本大学医学部附属板橋病院東...

華奢見えは上半身の印象から。デコルテ&二の腕のスッ...

華奢見えは上半身の印象から。デコルテ&二の腕のスッ...

2018-07-26 20:05

暑い毎日、大きく胸元の開いたトップスやノースリーブで過ごす日が続いています。冷房の効いた室内ではカーディガンなどを羽織ることが多くても外出時はそういうわけにもいかず、デコルテや二の腕のムッチリ感が悩みポイントになっている方は少なくないと思います。 シンプルな装いの季節だからこそ、やはり...

動画

Q&A

「冷房」に関するワード

「冷房」に関する口コミ・評判

@Rtetsu_2000bot

@@Rtetsu_2000bot

この形式より、冷房装置が搭載されました。
@barbar440

@@barbar440

冷房ついてない?寒い
@ABIA1989

@@ABIA1989

部屋の暖房が冷風しかでなくて、もはや冷房
@b4ECOEq2a0reY0w

@@b4ECOEq2a0reY0w

皆さん❗️おはよー👋 あまりに寒いので脳を騙してみた。今は夏・・凄く暑い日 冷房がきいてる部屋に私はいるんだ〜🤔 涼しい〜って思えば何とかなる❗️青空の下・脳を騙してみるけど無理〜っ😓 やっぱり冬で寒いんじゃないかい😱🤧😷❗️ 皆さん体調気をつけて行ってらっしゃ〜い👋
@krmn0730

@@krmn0730

えっ、電車冷房入り出した!?!
@ai_ymuc

@@ai_ymuc

今朝寒くて、起きがけにエアコンをつけたんですけど、いつまでたっても暖かくならないので今日は特に寒いのだなあと思ってたら、間違って冷房をつけてたんですね。 朝から突然の我慢大会でした。 皆さんもお気をつけて!
@poyoyonmk

@@poyoyonmk

返信先:@yasukun0803 タイマーで暖まった部屋で二度寝しないように、気を付けなくては😅夏は起きる頃に冷房切れるようにしてたな😅
@mzm00

@@mzm00

いつもより二時間くらい遅めに起きてしまったし寝てる間に冷房つけてたぽいしなんか休日モードだしちょっとヤバい
@sakusakupancake

@@sakusakupancake

暖房つけたのに寒いな~って思ってたら冷房だったって話する?
@otabeshi

@@otabeshi

間違えて冷房つけてたつもりが暖房つけていた件

用語の意味

冷房

冷房(れいぼう)とは、室内の空気を冷やすこと。 概論 一般に空気調和設備などにより、冷風を送るなどすることをいう。外気温度あるいはエンタルピーが室内の目標とする温度よりも低い場合は、外気を積極的に取り入れて外気冷房を行うこともある。一般的には夏場(日本〈関東~九州〉においては毎年6月下旬から9月中旬あたり)に必要とされる。 人の身体は体感温度が体温以上になると行動が緩慢になり判断力が鈍り最終的には脱水症状を起こし死に至る性質をもつ。 近代になって冷房が誕生するまでは太陽から発せられる輻射放射熱は人の活動範囲を制限し、時に命を奪った。人は暑さから逃れるためにある時は物陰に隠れ、ある時は涼を求めるために木陰で休息し、またある時は日傘などの覆いを用いて直射日光を避けた。時には水の蒸発熱(気化熱・潜熱)により周辺気温が低くなる海辺や河辺等の水辺に集い、水浴びなどして暑さから逃れる方法を動物から学び実践した。また、緯度や高度が異なる涼しい避暑地に転地して暑さを避けた。 氷を人工的に作ることが出来なかった時代は緯度により降雪のある地域では根雪が固まった氷や雪を自然にできた洞穴や鍾乳洞などを利用して氷室(ひむろ)とし、夏季まで保存して涼を取るために用いた。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム