分泌に関するダイエット

分泌

  1. HOME
  2. 分泌に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「分泌」最新コラム

最新コラム一覧

ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる...

ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる...

2019-04-21 16:30

運動をしたり食事制限をしたり、「今度こそやせよう」と、さまざまダイエット法を試してみるものの、なかなか続けられず、成功まではほど遠い日々。 できるだけ手軽に続けられる方法を探していたところ、『人生を変える夜はちみつダイエット』(わかさ出版)に出会いました。 自身も25kgの減量に成功した著者の...

ガリガリガリクソン50kg減量…激痩せは心臓死リスク3.5...

ガリガリガリクソン50kg減量…激痩せは心臓死リスク3.5...

2019-04-04 09:26

〈何をしても痩せなかった私が、人生の全てを賭けた最後のダイエットにより、5ヶ月で122・4kg→75・1kg(47・3kg減)になりました〉 有村架純の姉・有村藍里涙で「美容整形」告白は吉か凶か お笑いピン芸人・ガリガリガリクソン(33)が2日に“激痩せ”を公表し、世間をアッと言わせている。...

動画

Q&A

「分泌」に関するワード

「分泌」に関する口コミ・評判

@A_Yukita

@@A_Yukita

CCN2だけじゃなくCCN1も重要。CCN2は骨芽細胞骨細胞が分泌して破骨細胞に影響するカップリング因子だけどCCN1は骨芽細胞骨細胞が分泌するが相手は骨芽細胞骨細胞自身かな。
@reteryw21

@@reteryw21

【1日に何度もシャンプーするのはよくない??】 1日に何度も洗髪すると、髪がキシキシになり、脱毛症になりかねません。 洗髪によって皮脂が失われると、皮脂が分泌、1日何度も洗髪すると、習慣化し脂性になる場合も、、 蒸れたとき、汗をかいた場合以外1日一回です。
@radVefMgKnlZOZi

@@radVefMgKnlZOZi

テストステロンの分泌のピークは20代です。その後、年齢を重ねるごとに低下していきます。
@ootemachi_style

@@ootemachi_style

深夜22時~26時までの間は成長ホルモンの分泌が著しい時間帯です(^O^) 骨・皮膚・毛髪・爪など、古い細胞が新しい細胞と入れ替わるので、できるだけ睡眠を摂って成長を促しましょう。 睡眠不足は健康の敵('Д')
@4k_club

@@4k_club

特に女性の場合は週一回以上性交すれば、ホルモンの分泌を促進し、月経周期の安定にもつながる。
@udhgbvana1

@@udhgbvana1

男性の更年期障害の原因は、 男性ホルモンの分泌の低下です。 そこで今回は、 更年期障害と男性ホルモンの分泌の低下の原因と、 男性ホルモンの分泌の低下を防ぐ方法を紹介します。 sechibu.com/archives/3757
@bio_sister

@@bio_sister

女の子にプリント渡すだけで、なんでそんなにカテコールアミンとコルチゾールが分泌されているの?
@pharmacy_memo

@@pharmacy_memo

鉱質コルチコイド:代表的なものとしてアルドステロンがあり、NaやKイオンの濃度調節に関わっている。アルドステロンは腎臓の集合管のP細胞に作用してナトリウムチャンネルを開き、ナトリウムの再吸収を促進する。細胞外液中のナトリウムやアンギオテンシンIIによって分泌が増加する。
@mzk4751

@@mzk4751

返信先:@___poporon 女性ホルモンの分泌量が多いと大きくなるらしいから、好きな男性に揉まれると幸せホルモンも出るし大きくなるらしい! あと寝るときにブラしないで寝ると胸のリンパ?みたいなのが切れて大きくならなくなるんだって!
@nita_ma5

@@nita_ma5

リップ何塗っても落ちる本当に嫌だ もはや唇自体からヨダレ分泌されてるんじゃないかぐらい落ちる いいのに出会えたことない

用語の意味

分泌

分泌(ぶんぴ又はぶんぴつ)とは一般に細胞が代謝産物を排出すること。 また狭義には、分泌活動を専門的に行う腺細胞が集まって腺を形成し、分泌物を排出することをいうこともある。この意味では特に動物個体のレベルで、体外または体腔に出す外分泌(exocrine)と、体液に出す内分泌(endocrine)に分類される。 外分泌には体表への汗、皮脂、乳など、消化管への唾液、胃液、胆汁などの分泌がある。内分泌はホルモンなどのシグナル物質の分泌である。内分泌は必ずしも腺によるものではなく単独の細胞によるものもある。 様式による分類 細胞による分泌は、その物質がどのように細胞から放出されるかという放出様式や、その物質が放出された後で標的となる細胞にどのように到達するかという作用様式によって、いくつかに分類される。 放出様式による分類 細胞からの分泌物の放出様式は、以下のように分類される 全分泌(ホロクリン、ホロクライン、holocrine) 腺細胞自体が崩壊し、細胞内の様々な物質が分泌物質として放出される。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム