分泌に関するダイエット

分泌

  1. HOME
  2. 分泌に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「分泌」最新コラム

最新コラム一覧

シャッキリ爽快! ズボラなあなたもできる、ベッドで...

シャッキリ爽快! ズボラなあなたもできる、ベッドで...

2019-01-17 21:00

(全7枚) 寒―い冬。目覚まし時計を止める手もひんやりして、ベッドから出るのに勇気がいりますよね。それならいっそ、温かい布団の中でトレーニングしてみませんか?エアコンをつけて部屋が温まるまでの5分間程度でOK。朝トレを終えてベッドを出てみれば、お部屋も体もちょうど良く温まって、元気に1日のスター...

飲みすぎで胃もたれに!胃もたれの原因と対処法

飲みすぎで胃もたれに!胃もたれの原因と対処法

2019-01-17 08:05

(全2枚) 年末年始は食べたり飲んだりの機会が多いですよね。会話が弾んでついつい食べ過ぎや飲み過ぎることでで、胃もたれや二日酔いの経験をするのもこの時期です。飲み過ぎで頻繁にこのような状態が続くと、体調を崩しかねないため注意が必要です。一度自分の食生活を見直してみましょう。 ・合わせて読みた...

そのダイエット間違いかも!? 「食べてないのに痩せない...

そのダイエット間違いかも!? 「食べてないのに痩せない...

2019-01-17 02:00

(全6枚) 毎日食べたいものを我慢してダイエットしているのに、なぜか体重が減らないと嘆いている皆さん!せっかく頑張っているのに結果が伴わないのは、もしかしたらやり方に問題があるのかもしれません。「食べてないのに痩せない」本当の理由を知って、痩せやすい体をつくりましょう。 ・合わせて読みたい→ ...

要注意!健康に見える子どもにも潜む、生活習慣病

要注意!健康に見える子どもにも潜む、生活習慣病

2019-01-16 19:15

肥満傾向の子どもは減っているが…… 子どもの生活習慣病リスクといえば、やはり肥満が問題。肥満から糖尿病となってしまう子どももいます。その要因は運動不足や、塾通いの夜型生活、また食生活などが指摘されています。実際にこうした問題に関連して、平成17年の「国民健康・栄養調査」において、「肥満」「太...

忙しい人は必見!男女別「口臭」のチェックポイント

忙しい人は必見!男女別「口臭」のチェックポイント

2019-01-16 16:45

「口臭」は何故起こる? 近年、スメルハラスメントなどという言葉も聞かれるようになり、口臭や臭いへのエチケットが話題となっています。口臭の主な原因は、舌の汚れや、歯と歯ぐきの間につまったプラークと呼ばれる汚れによるものがほとんどです。 加えて、においのキツいものを食べ過ぎたり、ストレスが溜...

動画

Q&A

「分泌」に関するワード

「分泌」に関する口コミ・評判

@kokushiyakuri

@@kokushiyakuri

アンブロキソールは、ブロムヘキシンの活性代謝物であり、肺サーファクタントの分泌を促進させる。(101-159)
@kawaikunarubot

@@kawaikunarubot

肌荒れ対策①⇒ビタミンE  お肌の血行を促進し新陳代謝を高め、またホルモンの分泌バランスを整え、ホルモンバランスの乱れによる肌荒れに効果が期待できます。
@bot_naomi

@@bot_naomi

これをあげるわ。兵士たちのナノマシンから分泌されるものと同じ成分が含まれている。ナノマシンの感覚調整機能を抑制する薬よ。
@f_chiro_tgnsk

@@f_chiro_tgnsk

おはようございます!ファインカイロは、本日20時まで診療です。 神経系が元気になると、免疫系や内分泌系も元気に! pic.twitter.com/b3Zp3IUMvn   明日からの週末にむけて今日も頑張って♪   #ファインカイロ #桜木町 #関内 #横浜市 #整体 #おはよう
@bot57572082

@@bot57572082

ストレスがかかると血液循環が悪化し肌がくすんだ印象になります。皮脂や汗が過剰に分泌されて乾燥している肌なのにテカってしまったりします。こういったことから、疲れ顔になってしまいます。これを放ってしまうと免疫機能が低下してニキビが治りにくくなったり シミを作ってしまうこともあります。
@cowmoo_quiz

@@cowmoo_quiz

キャサリン・ダグラス(イギリスの動物学者。同僚のピーター・ローリンソンとともに、名前をつけられた牛の方が乳分泌量が多いことを発見した。2009年のイグノーベル獣医学賞を受賞)
@kirei_nabi_ns

@@kirei_nabi_ns

睡眠時間が低下すればするほど、成長ホルモンの分泌が少なくなるので、お肌の補修が後回しになってしまうんです。その結果、肌の保湿力が低下して、乾燥してしまうので化粧の乗りが悪くなる。#美容 #スキンケア #綺麗
@nobi_nobi_kun

@@nobi_nobi_kun

成長ホルモンが分泌されるのは、 寝付いてから最も深い眠りに達するまでの 2時間~3時間だけと言われています
@BelieverBad

@@BelieverBad

クリスタルで形成され、石と言う物は存在しないが、イメージはアバター、人間の意識もシリコン生命体に宿り、当時の人間はとても大きい、性別は存在しません、現在でも母親のおなかの中では最初全て女性です、途中マイクロロボットによるホルモン分泌にて男に変わります、男に乳首があるのは女だった
@zigzigzig888

@@zigzigzig888

生物学的に言えば、「汚れた女」という状態は存在しない。たとえ何十、何百と殿方のお相手をしたところで、膣内分泌液の働きにによって、常に膣内は清潔に保たれているからだ。よって、不貞を卑下する態度は、自分の性を棚に上げた概念の遊戯に過ぎない。

用語の意味

分泌

分泌(ぶんぴ又はぶんぴつ)とは一般に細胞が代謝産物を排出すること。 また狭義には、分泌活動を専門的に行う腺細胞が集まって腺を形成し、分泌物を排出することをいうこともある。この意味では特に動物個体のレベルで、体外または体腔に出す外分泌(exocrine)と、体液に出す内分泌(endocrine)に分類される。 外分泌には体表への汗、皮脂、乳など、消化管への唾液、胃液、胆汁などの分泌がある。内分泌はホルモンなどのシグナル物質の分泌である。内分泌は必ずしも腺によるものではなく単独の細胞によるものもある。 様式による分類 細胞による分泌は、その物質がどのように細胞から放出されるかという放出様式や、その物質が放出された後で標的となる細胞にどのように到達するかという作用様式によって、いくつかに分類される。 放出様式による分類 細胞からの分泌物の放出様式は、以下のように分類される 全分泌(ホロクリン、ホロクライン、holocrine) 腺細胞自体が崩壊し、細胞内の様々な物質が分泌物質として放出される。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム