動脈硬化に関するダイエット

動脈硬化

  1. HOME
  2. 動脈硬化に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「動脈硬化」最新コラム

最新コラム一覧

【サウナで温活】Vol.1 サウナに入って身体を温めよう...

【サウナで温活】Vol.1 サウナに入って身体を温めよう...

2019-02-20 15:00

身体の冷えが気になる寒い季節は、どこか温かい場所に行ってほっと身体を緩めたくなるもの。そのひとつがサウナかもしれません。サウナは入り方によって医学的な効能も変ってきます。サウナを使って和んで温まる「和温療法」に長年取り組んでこられた鄭先生に、女性にとってのサウナについてお話を伺いました...

低すぎても危ない!健診数値の正しい見方

低すぎても危ない!健診数値の正しい見方

2019-02-17 06:15

特に異常がなかったからといって、健診結果をそのままにしている人も多いのでは?実はそこには私たちの微妙な体の変化が蓄積されています。健康管理に役立つ健診の受け方、健診結果の見方のコツを解説します。■健診で自分のカラダと向き合う意識をもとう! 女性は、初潮、妊娠・出産、更年期……とさまざまなラ...

実は、お米を食べても太らない…?

実は、お米を食べても太らない…?

2019-02-14 18:45

50年前と比べて半減したお米の摂取量 無形文化遺産に登録された和食の特長の1つは、ごはんを主食に様々なおかずを食べ合わせる栄養バランスのとりやすい献立です。しかし日本人の文化として、また主食として大きな存在であるお米は、約50年前の1960年頃と現在を比べると、年間の摂取量は半減しています。 「...

30代40代必見!カラダのメンテナンスを始めよう

30代40代必見!カラダのメンテナンスを始めよう

2019-02-09 21:00

(全2枚) 40代からの気になるカラダの悩みを改善していきましょう! ダイエットや更年期障害、生活習慣病など、30代・40代にかかるとこんな悩みや病気も気になり始めますよね! まずは気になったところがスタートです! 見直すところから始めてみましょう。 ・合わせて読みたい→ お腹まわりの脂肪を何とかした...

なぜあまり食べていないのに太るの?正しいダイエット...

なぜあまり食べていないのに太るの?正しいダイエット...

2019-02-08 12:00

今日はダイエットについてのお話しです。 「痩せたい」は多くの女性の尽きない悩みですが、無理なダイエットで体調不良や肌荒れなどを招いては本末転倒。体質を健やかに整える東洋医学の知恵を摂り入れて、身体の中から「キレイに痩せる」をめざしましょう! ・合わせて読みたい→ 教えて、ライザップさん!!...

動画

Q&A

「動脈硬化」に関するワード

「動脈硬化」に関する口コミ・評判

@axis0130

@@axis0130

【たまねぎ】血栓を防ぎ、疲労回復効果あり [効用]血栓防止、動脈硬化予防、脳卒中・心筋梗塞予防、抗がん作用、疲労回復
@keamane1011

@@keamane1011

動脈硬化の危険因子は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満など #ケアマネ
@noritype53

@@noritype53

よかった、ピアス取らなくて良かった。何個も取るの大変だよね😅 検査もスムーズに終わった、動脈硬化がちょっと気になるけれど...
@yama_oppo_chan

@@yama_oppo_chan

RT @nekoneko1984061: 昨日は会社の健康診断。肥満体型のへたれ猫。お医者さんから「あなた痩せないと【動脈硬化】になるよ!【糖質制限】してください」と言われました。お医者さんは肥満体が怖がる四字熟語の天才ですね。 #好きな四字熟語は【焼肉定食】のへたれ猫 ht…
@Oideyo_UBE

@@Oideyo_UBE

宇部においでよ。 持世寺(じせいじ)温泉の効能はリウマチ、外傷、火傷、後遺症、神経痛、動脈硬化症、高血圧症、疲労回復、皮膚病、痛風だよ。city.ube.yamaguchi.jp/shisei/kankou/…
@bestacount

@@bestacount

アスタキサンチン⇒カロチノイドの一種で、高い抗酸化力を持つとされる。サケ、タイ、イクラなどに含まれている赤色の色素成分。老化の原因となる「活性酸素」に抵抗する作用が強く、血行促進効果、眼精疲労の改善、動脈硬化の予防などの効果が期待されている。
@shokutenlife

@@shokutenlife

紅茶に含まれる“紅茶カテキン”や“紅茶フラボノイド”には、抗酸化作用・血中コレステロールの抑制作用・血糖上昇抑制・動脈硬化抑制作用などもあります。現代社会に引き起こされる、生活習慣病の予防にも絶大な効果があります。shokutenlife.com/2015/02/01/623…
@spice_fun

@@spice_fun

【サフラン】 別名:番紅花・ばんこうか 役割: 色づけ、香り付け 効能:生理不順、腹痛、動脈硬化 スパイスの中でも最も高価。見た目にも鮮やかで、サフランライスはカレーやパエリアなどにも使いますね。 #スパイス pic.twitter.com/lrdmzfLu84
@yamajishouten

@@yamajishouten

焙煎米糠油抽出物には動脈硬化などの血管障害の原因となる、過酸化脂質の生成を抑制する効果があります。
@Kangokokushitai

@@Kangokokushitai

【閉塞性動脈硬化症(ASO)】 フォンテイン分類 Ⅰ度⇒冷感、痺れ、無症状 Ⅱ度⇒間欠性跛行 Ⅲ度⇒安静時疼痛 Ⅳ度⇒潰瘍、壊疽

用語の意味

動脈硬化

『動脈硬化症』より : 動脈硬化症(どうみゃくこうかしょう、arteriosclerosis)とは、動脈硬化により引き起こされる様々な病態の総称。 心臓から全身に血液を送り込む役割を担う動脈の内壁が肥厚し硬化した状態を指して動脈硬化と呼称する。本症はこの動脈硬化が原因で身体にさまざまな症状が現れることを指す。 動脈硬化には、アテローム性動脈硬化(粥状動脈硬化)、細動脈硬化、中膜石灰化硬化(メンケベルグ硬化)の3つのタイプが存在するが、一般に「動脈硬化」といえばアテローム性動脈硬化を指すことが多い。 アテローム性動脈硬化は、脂質異常症(旧・高脂血症)や糖尿病、高血圧、喫煙、運動不足などの危険因子により生じると考えられ、最終的には動脈の血流が遮断されて、酸素や栄養が重要組織に到達できなくなる結果、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす原因となる。 最近では本症の危険因子の一つとして考えられている脂質異常症や、その脂質異常症を招く元となっている内臓脂肪型肥満(内臓脂肪の蓄積)の上に高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上が集積した状態にあって動脈硬化を急速に進行させるといわれるメタボリックシンドロームについての研究が盛んである。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム