卵巣に関するダイエット

卵巣

  1. HOME
  2. 卵巣に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「卵巣」最新コラム

最新コラム一覧

低すぎても危ない!健診数値の正しい見方

低すぎても危ない!健診数値の正しい見方

2019-02-17 06:15

特に異常がなかったからといって、健診結果をそのままにしている人も多いのでは?実はそこには私たちの微妙な体の変化が蓄積されています。健康管理に役立つ健診の受け方、健診結果の見方のコツを解説します。■健診で自分のカラダと向き合う意識をもとう! 女性は、初潮、妊娠・出産、更年期……とさまざまなラ...

不妊の原因にもなる子宮内膜症

不妊の原因にもなる子宮内膜症

2019-02-06 08:00

血行不良の「瘀血(おけつ)」が子宮内膜症の要因に 子宮内膜症は、本来子宮の中にある「子宮内膜」という組織が、子宮以外の場所にできてしまう病気。発生しやすい場所は骨盤内(腹膜、卵巣、ダグラス窩(子宮と直腸の間のくぼみ)など)で、発生する部位によって、腹膜や臓器の表面にできる「腹膜子宮...

「女性器のことは話しにくい」を変える、急成長するフ...

「女性器のことは話しにくい」を変える、急成長するフ...

2019-02-05 13:48

エレノア・ロウリー、ビジネス・テクノロジー担当記者 女性の健康関連製品における技術革新は、ここ数十年の間ほとんど見られなかった。しかし、インターネットに接続可能な機器が増え、健康関連のタブーがなくなってきたことで、世界の「フェミテック」産業の市場規模は数十億ドルに達している。 世界人口の5...

冬の必需品! マフラーをして冷え性対策を万全にしよう

冬の必需品! マフラーをして冷え性対策を万全にしよう

2019-02-05 09:57

(全2枚) 今年の冬は“マフラー”で冷え性対策を みなさんは冬の外出時に“マフラー”をしていますか? 寒さ対策としていろいろなアイテムが発売されていますが、その中でもマフラーはとても効果的なアイテムです。 なぜなら人間の身体の熱は襟元部分から外に逃げ、また外からの冷たい空気が襟元部分から入り込ん...

女性ホルモン「エストロゲン」が持つ大切な役割

女性ホルモン「エストロゲン」が持つ大切な役割

2019-02-03 12:00

(全2枚) 女性ホルモンのひとつエストロゲンは、女性の卵巣で生成されています。このホルモンは、自律神経の調整、骨形成、女性らしいカラダの形成など、私たちが毎日を健康的に過ごすための大切な役割を担っています。エストロゲンのはたらきを知り、ホルモンバランスを整えて、キレイなカラダや健康作りに繋...

動画

Q&A

「卵巣」に関するワード

「卵巣」に関する口コミ・評判

@chiaking

@@chiaking

RT @kerry10210: 妊娠して初めて卵巣腫瘍がわかったら、やっぱり心配になると思う。実際妊娠中に腫瘍が捻転する人もいるし。 お母さん世代には「妊娠してから行くのが産婦人科」という意識を改めて頂きたいです!!(もう「お母さん世代」ではなく「おばあちゃん世代」かな?)
@nekotoma

@@nekotoma

返信先:@buu34 卵巣食べさせたらよかったんでない?
@pikorinn3

@@pikorinn3

RT @kerry10210: 妊娠して初めて卵巣腫瘍がわかったら、やっぱり心配になると思う。実際妊娠中に腫瘍が捻転する人もいるし。 お母さん世代には「妊娠してから行くのが産婦人科」という意識を改めて頂きたいです!!(もう「お母さん世代」ではなく「おばあちゃん世代」かな?)
@mentaikoyo

@@mentaikoyo

【明太子豆知識】明太子の原材料であるスケトウダラの卵巣は、2本が一対の状態で繋がっており、対単位で一腹(ひとはら)二腹(ふたはら)と数えます。1尾の卵巣には約20万~150万粒の魚卵が詰まっています。kouyousuisan.jp/faq.html
@kunktkun

@@kunktkun

子宮内膜症的なやつはピル飲み続けて小さくなったんだけどまだ生理は激重いし卵巣はヤババだから妊娠は要治療✋
@sublime1220

@@sublime1220

RT @kerry10210: 妊娠して初めて卵巣腫瘍がわかったら、やっぱり心配になると思う。実際妊娠中に腫瘍が捻転する人もいるし。 お母さん世代には「妊娠してから行くのが産婦人科」という意識を改めて頂きたいです!!(もう「お母さん世代」ではなく「おばあちゃん世代」かな?)
@da_byou

@@da_byou

RT @kerry10210: 妊娠して初めて卵巣腫瘍がわかったら、やっぱり心配になると思う。実際妊娠中に腫瘍が捻転する人もいるし。 お母さん世代には「妊娠してから行くのが産婦人科」という意識を改めて頂きたいです!!(もう「お母さん世代」ではなく「おばあちゃん世代」かな?)
@disk_1981

@@disk_1981

RT @kerry10210: 妊娠して初めて卵巣腫瘍がわかったら、やっぱり心配になると思う。実際妊娠中に腫瘍が捻転する人もいるし。 お母さん世代には「妊娠してから行くのが産婦人科」という意識を改めて頂きたいです!!(もう「お母さん世代」ではなく「おばあちゃん世代」かな?)
@myaotyucup

@@myaotyucup

返信先:@OKAYUYUYU17 お腹も痛い状態で、すごく大変だね。卵巣嚢胞だろうか。 まだオペはしないで経過観察する感じなのかな? 卵巣守るためにもしっかり一時的に運動を控えて、また元気になってくれよな!
@standupstone

@@standupstone

RT @kerry10210: 妊娠して初めて卵巣腫瘍がわかったら、やっぱり心配になると思う。実際妊娠中に腫瘍が捻転する人もいるし。 お母さん世代には「妊娠してから行くのが産婦人科」という意識を改めて頂きたいです!!(もう「お母さん世代」ではなく「おばあちゃん世代」かな?)

用語の意味

卵巣

卵巣(らんそう)とは、動物のメスの生殖器のひとつで、卵子(または卵(らん)ともいう)を作り出す器官。一般的な機能として、卵子のもとになる卵細胞を維持・成熟させ、その後放出する。オスで精子を作り出す精巣と合わせて、生殖巣と呼ばれる。また、脊椎動物の卵巣は、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌する器官でもあるので、内分泌器官でもある。 ヒトを含む哺乳類の卵巣の内部には、卵胞(らんほう、らんぽう)と呼ばれる構造が多数あり、それぞれ1つずつの卵細胞を包んでいる。卵胞が卵細胞を成熟させ、排卵(はいらん)と呼ばれる、卵巣からの放出を起こさせる。排卵は、動物の種類によって、年に1〜2回程度の繁殖期に起こったり、一定の周期(性周期)でくりかえし起こる種などがある。排卵された卵細胞は、一旦は体腔内に出るが、卵管内に吸い込まれ、卵管から子宮へと流れていく。卵細胞を放出した後の卵胞は、その後、黄体(おうたい)へと変化する。卵巣からは、何種類かのホルモンが分泌される。卵胞からはエストロゲンが、黄体からはプロゲステロンおよびエストロゲンが分泌される。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム