活性物質に関するダイエット

活性物質

  1. HOME
  2. 活性物質に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「活性物質」最新コラム

最新コラム一覧

肥満=皮下脂肪ではない!内臓脂肪を減らすには

肥満=皮下脂肪ではない!内臓脂肪を減らすには

2018-06-14 12:35

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は別もの? 生活習慣病の多くは肥満と関係しています。肥満=皮下脂肪と考えると、皮下脂肪を悪玉と考えがちです。実は生活習慣病と関係しているのは、消化管の間の脂肪組織である「内臓脂肪」なのです。 お腹の皮膚の下にあって、つまむことができるのが皮下脂肪。一方、腹部の内...

動画

Q&A

「活性物質」に関するワード

「活性物質」に関する口コミ・評判

eiyo_toratora

@eiyo_toratora

『肺サーファクタント』界面活性物質であり、肺胞内面の表面張力を弱めて、呼気時に肺胞がつぶれるのを防ぐ働きをしている。Ⅱ型肺細胞から分泌される。
suzume_bati

@suzume_bati

【定期】雀蜂の毒液は様々な微量の生理活性物質の複雑な混合物であり、別名「毒のカクテル」と呼ばれる。 Wikipediaより
study_pharmacy

@study_pharmacy

肺胞は、直径0.1~0.3㎜程度。Ⅰ型肺胞上皮細胞は、扁平で肺胞の内表面の大部分を覆っている。Ⅱ型肺胞上皮細胞は、分泌細胞とも呼ばれ、界面活性物質(サーファクタント)を分泌する。(91)
YakugakuApp

@YakugakuApp

[問題]アンブロキソールは、肺表面活性物質分泌促進作用、気道液分泌促進作用及び線毛運動亢進作用を有する。[解答]<○>
TCGohii

@TCGohii

カビ中の生理活性物質の可能性が微レ存...?
D_kokusi

@D_kokusi

前駆体のアミノ酸:生理活性物質 メチオニン:S-アデノシルメチオニン(体内のメチル基の主要な供給源)、クレアチニン グリシン:クレアチニン、グルタチオン ヒスチジン:ヒスタミン(炎症誘発物質) グルタミン、グリシン、アスパラギン酸:プリン塩基合成の素材
D_kokusi

@D_kokusi

前駆体のアミノ酸:生理活性物質 アルギニン:ポリアミン、クレアチニン、一酸化窒素 グルタミン酸:GABA、グルタチオン チロシン:アドレナリン、ノルアドレナリン、メラニン、ドパミン、トリヨードチロニン、チロキシン トリプトファン:セロトニン、ナイアシン、メラトニン #管理栄養士
linken_bot

@linken_bot

肺コンプライアンスは921 L/cmH2Oが正常。 肺線維症、肺胞内表面活性物質減少の際に低下する。
linken_bot

@linken_bot

Ⅱ型肺胞上皮細胞(大肺胞細胞): 楕円体形の大型の細胞、細胞質は果粒状の小体でみたされ泡沫状、表面活性物質分泌
NIUbunseki_bot

@NIUbunseki_bot

(旋光度)直線偏光(平面偏光)が、光学活性物質又はその溶液中を通過するとき、偏光の進行方向に向き合って時計回りに振動面を回転する性質を「右」旋性という。(94-26)

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム