脂肪細胞に関するダイエット

脂肪細胞

  1. HOME
  2. 脂肪細胞に関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「脂肪細胞」最新コラム

最新コラム一覧

肥満=皮下脂肪ではない!内臓脂肪を減らすには

肥満=皮下脂肪ではない!内臓脂肪を減らすには

2018-06-14 12:35

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は別もの? 生活習慣病の多くは肥満と関係しています。肥満=皮下脂肪と考えると、皮下脂肪を悪玉と考えがちです。実は生活習慣病と関係しているのは、消化管の間の脂肪組織である「内臓脂肪」なのです。 お腹の皮膚の下にあって、つまむことができるのが皮下脂肪。一方、腹部の内...

部分“痩せ”はできないが“引き締める”ことはできる

部分“痩せ”はできないが“引き締める”ことはできる

2018-06-03 22:04

痩せたい。これは、男女問わず多くの人が持っている願望だ。中には「二の腕はいいんだけど、脚だけ痩せたいなあ」とか「お腹だけ気になる。とにかくお腹さえ痩せれば」と、部分指定で願望を持つ人も多い。しかし、果たして“部分痩せ”はできるのだろうか?結論から言おう。部分痩せなんて都合のいいことは不可...

専門家が解説!「ダイエット不要」な人になるための習慣7

専門家が解説!「ダイエット不要」な人になるための習慣7

2018-06-03 10:56

多くの女子が「ダイエットしなきゃ!」と思っている一方で、世の中にはダイエットとは無縁な女子も存在するもの。彼女たちのようになるには、どうすればいいの? そんな疑問に答えるべく、<Red>が栄養と代謝の専門家であるカーラ・ヘイザーさんと、『HowtoFightFATflammation(原題訳:脂肪細胞の肥大を阻止...

その不調、食べ方で変わるかも。MYLOHAS版「どっちの料...

その不調、食べ方で変わるかも。MYLOHAS版「どっちの料...

2018-05-31 18:30

お腹が空いた時に、食べたいものを食べたいだけ、はあまり賢い食べ方とは言えません。体調を鑑みた食べ方や、自身のカラダを考慮した食べ方に着目すると、自ずと決まってきます。 そこで、『病気にならない食べ方はどっち?』(SBクリエイティブ刊)を監修した管理栄養士の大柳珠美さんに、「体の不調に効く食...

食物繊維が美ボディのカギ!?正しい糖質制限ダイエット

食物繊維が美ボディのカギ!?正しい糖質制限ダイエット

2018-05-31 17:00

糖質の摂取量を減らすことで、肥満の改善や予防を目指す「糖質制限ダイエット」。糖質が多く含まれる「炭水化物」を減らすことばかりに目がいきがちですが、炭水化物は糖質と食物繊維で構成されているため、炭水化物を制限すると、同時に食物繊維も不足してしまいます。 食物繊維は、腸内環境を整え、太りにく...

動画

Q&A

「脂肪細胞」に関するワード

「脂肪細胞」に関する口コミ・評判

biyou1414

@biyou1414

【セルライト原因】の1つが、ホルモンバランスや 自律神経の乱れや冷えなどからくる血行不良によるもの。 血行が悪いと、脂肪細胞や新陳代謝が低下し、 老廃物が溜まりやすくなってしまいます。 血行不良になりやすい、お尻・お腹まわり・太ももなどに多く発生します。
主婦の窓口

@主婦の窓口

...血糖値が上がると、インスリンがどんどん分泌。 インスリンは血中に流れたブドウ糖を筋肉などに送り込み、エネルギーにしていきます。 しかしインスリンの働きは、それだけではありません。 流れ出したブドウ糖を、脂肪細胞に供給。 その結果、体脂肪を増やしてしまうんです。 インスリンの過剰分泌は、おデブのもと。 夕食でインスリンをドバーッと出さないためには、昼食と夕食の間におやつを食べ、血糖値を安定させることが必要...
TETsEvidence

@TETsEvidence

ニキビの発症と治療を再現できそう。 • 皮膚オルガノイドは毛包・皮脂腺・脂肪細胞を産生する
TETsEvidence

@TETsEvidence

ハイライト • 皮膚オルガノイドは定義された条件下でmPSCから生成することができる • 皮膚オルガノイドは自己組織化表皮および真皮層からなる • 皮膚オルガノイドは毛包・皮脂腺・脂肪細胞を産生する • 皮膚オルガノイド由来の毛包誘導は正常な毛嚢胞形成を模倣するtwitter.com/CellPressNews/…
whhcbb43

@whhcbb43

最強のアナボリック(筋肉の合成)ホルモンはインスリン インスリンは血糖値が上昇すると出されるホルモンであり、栄養を各組織に運ぶ 血糖値は糖質を摂るとあがるが、普段は脂肪細胞にも栄養がいく しかし筋トレ後においては筋肉に栄養が送られやすい 故に筋トレ後の糖質が大切
tenkabeauty

@tenkabeauty

人間の体には「白色脂肪細胞」というものが存在します。 太りにくい人で「300億個」、太りやすい人で「600億個」あるそうです。 その差は、赤ちゃんにどう育てられたかで決まり、 大体、1歳までに栄養を沢山与えられると、太やすくなります。
b75s

@b75s

【愚痴3】私はいま、お医者さんに言われたベスト体重くらいだし(なので、世間的には痩せていない)、食べ物も毎日記録して、自分の適量や一番調子の良いバランスを見つけてる。小さい頃の脂肪細胞の数や、腸の長さが、一生の健康と美容を決めるんだよ。
falcon_m92

@falcon_m92

返信先:@vj21rgv 自分、炭水化物を与えると細胞分裂が止まらくなる脂肪細胞持ってます(笑)
skincare_day

@skincare_day

【セルライト】ムクミがひどくなると脂肪細胞と結びついて硬くなり、お腹・太もも・お尻・二の腕などにできるセルライトの元にもなります★!!!
Beauty salon Crystal

@Beauty salon Crystal

...ダイエット! その中でも、切らない脂肪吸引として話題のキャビテーションについてです。 キャビテーションとは、空洞現象という意味です。 キャビテーションを行うことで、細胞膜が分解され凝り固まっていた脂肪を、脂肪細胞の中で気泡を発生させ液状化ししていきます。 運動や食事制限では、難しい部分やせができ、さらにリバウンドをしにくい、痩身マシンとして、実力派サロンが、こぞって導入をしているほどなのです。 また、キャビテーション...

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム